JSTトップ > 領域トップ > 研究者 > 久場 敬司

RNA分解による生体恒常性維持機構の解明と制御

久場 敬司(写真)

久場 敬司Keiji Kuba

所属機関 秋田大学
所属学部・学科など 大学院医学系研究科 分子機能学・代謝機能学講座
役職 教授
URL

研究課題概要

DNAの遺伝情報はRNA合成を介してタンパク質が合成されますが、不要となったRNAは分解されて次のRNA合成の原料となる核酸を産生することが知られています。しかしながら、本研究ではRNA分解という現象を新しい切り口から調べることにより、病気の発症におけるエネルギー代謝と遺伝子発現調節の新しい相互作用の関係を明らかにします。心不全、がん、感染症の診断、治療に新しい概念をもたらすことが期待されます。