JSTトップ > 最新情報 > プレスリリース > プレスリリース 2003年度

最新情報

プレスリリース 2003年度

2004年03月31日
戦略的創造研究推進事業継続研究における平成16年度研究課題決定について
2004年03月29日
先端計測分析技術・機器開発事業における平成16年度 開発課題の公募開始
2004年03月29日
戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ICORPタイプ)において新規プロジェクト発足
2004年03月26日
「委託開発事業」における開発課題および開発企業を選定
2004年03月26日
細胞内での分子移動「アクチン重合駆動分子モーター」の発見
2004年03月25日
高い回生効率を実現した電力回生型充放電電源装置の開発に成功
2004年03月25日
医用デバイスに易滑性と血液適合性を同時に付与できるコーティング剤の開発に成功
2004年03月24日
平成16年度「革新技術開発研究事業」の課題募集について
2004年03月23日
呼吸代謝を常時監視可能な麻酔システムを世界で初めて実現
2004年03月23日
機能性甘味料アラビノースの大量生産に成功
2004年03月22日
平成16年度地域科学館連携支援事業における支援企画の発表について
2004年03月17日
皮膚に優しく 早く傷を治す創傷被覆材の開発に成功
2004年03月16日
脳内物質オレキシンが睡眠障害を改善
−不眠症など睡眠障害治療を切り開くか−
2004年03月12日
ナノ組織制御により液体窒素温度で世界最高の臨界電流密度を達成
−高温超伝導体の電力・産業用途への応用に大きな進展−
2004年03月08日
細胞分裂が頭尾方向の非対称性を決定
〜臓器の再生医療へまた一歩前進〜
2004年03月02日
単結晶TMR(トンネル磁気抵抗)素子で世界最高性能を達成
−超高集積MRAMの実現に道筋−
2004年03月02日
薬物腎排泄に関わる蛋白質の発見
2004年02月24日
日本科学未来館の3月の特別行事について
2004年02月20日
ネコ免疫不全ウイルスの宿主特異性決定機構の解明
―エイズウイルスの起源と進化を探る―
2004年02月18日
固体電解質中での金属原子移動を利用したスイッチにより半導体回路の組み替え動作を実現
〜回路利用効率が高く応用範囲の広いプログラマブルロジックへ道〜
2004年02月10日
試験管内で植物 RNA ウイルスゲノムの複製に成功
2004年02月09日
シーケンスペア・アルゴリズムを用いた集積回路設計ツールを開発
〜ブロック配置最適化における大幅な省力化、スピードアップが可能〜
2004年02月09日
「ナノボール:次世代DNA解析デバイスの心臓部」
−ナノテクでDNA解析が簡便・迅速・低コストに−
2004年02月05日
重点地域研究開発推進事業 平成15年度新規採択課題を決定
2004年02月05日
グリア細胞の接着によって完成する神経細胞の成熟
−神経シナプス形成における、グリア細胞接着の効果実証とその分子メカニズムを解明−
2004年02月04日
平成16年度「研究成果最適移転事業」成果育成プログラム及び「大学発ベンチャー創出推進事業」の課題募集について
2004年01月30日
研究情報データベース化事業におけるデータベース化終了課題の事後評価について
2004年01月30日
2004第1回基礎研究報告会
シンポジウム「〜ITが変える世界と生活〜」の開催について
2004年01月29日
「バイオインフォマティクス推進事業」平成16年度継続研究開発課題を決定
2004年01月29日
分子モーターを人為的に回転させてATPを合成することに世界で初めて成功
2004年01月28日
戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究 新たに研究プロジェクトを発足
2004年01月26日
外国語習得も同じ「文法中枢」
〜中1英語で双生児に相関〜
2004年01月22日
日本科学未来館の2月の特別行事について
2004年01月19日
社会技術研究事業における研究領域「脳科学と教育」のシンポジウムの開催について
2004年01月19日
生殖細胞で染色体を半数化するうえで鍵となるタンパク質を発見
2004年01月12日
環境に優しい鉛フリーの高性能圧電材料の創製
−新しい原理に基づく巨大電歪効果の発見−
2003年12月25日
研究成果最適移転事業 成果育成プログラムA(権利化試験)に係る研究費の不適切な経理処理の概要と措置内容について
2003年12月24日
「脳で女性・男性ホルモンが合成されることを発見」
"記憶学習の活性化や脳での内分泌かく乱と関連の可能性"
2003年12月22日
日本科学未来館の1月の特別行事について
2003年12月17日
高速バッティングロボットシステムの開発
2003年12月12日
酸素呼吸機構の解明
2003年12月10日
種子貯蔵タンパク質の蓄積メカニズムを解明
2003年12月08日
タンパク質・酵素を分子レベルでソフトにラッピングできる新材料を開発
2003年12月05日
「委託開発事業」における開発課題および開発企業を選定
2003年12月04日
ショウジョウバエを用いた老人ボケを引き起こす記憶過程の解明
2003年12月02日
Card to Interactive Presentation:プレゼン資料からインタラクティブなプレゼンテーションを自動生成する画期的な教育番組作成支援ソフト,SPOCを開発
2003年11月27日
日本科学未来館の12月の特別行事について
2003年11月17日
網膜再生治療への期待
〜網膜視細胞の発生メカニズムの解明〜
2003年11月11日
「大学発ベンチャー創出事業」平成15年度採択課題を決定
2003年11月05日
「委託開発事業」における開発課題および開発企業を選定
2003年10月31日
匂い知覚のメカニズム
〜匂いセンサーの特性は"負のフィードバック機構"が決定する〜
2003年10月30日
技術移転に係わるコーディネータ、職員のための「技術移転セミナー」開催
2003年10月30日
フォトニック結晶を用いて世界最大の光閉じ込め効果をもつ光ナノ共振器の実現に成功
― ナノレーザ、次世代通信、光メモリー、バイオ、光チップ等の応用に道 ―
2003年10月29日
戦略的創造研究推進事業(チーム型研究/CRESTタイプ)における研究者の測定費用の架空発注疑惑についての追加調査の結果及び助成団体に係る研究機材購入についての調査結果、並びに措置内容について
2003年10月29日
「サイレントシナプスが目を覚ます」"幼弱な脳から成熟した脳への発達過程"
2003年10月23日
日本科学未来館の11月の特別行事について
2003年10月23日
平成15年度「地域結集型共同研究事業」事業実施地域及び課題の選定について
2003年10月22日
戦略的創造研究推進事業 総括実施型研究(ERATO型)における平成15年度 研究領域及び研究総括の内定について
2003年10月16日
単一の遺伝子で鏡像の種が進化した
2003年10月14日
第4回ITBLシンポジウムの開催について― 新たな研究スタイルの萌芽 ―
2003年10月09日
研究情報データベース化事業において開発した「BirdBase ―アジアの鳥類分布データベース―」及び「森林動態データベース」の公開を開始
2003年10月08日
プレベンチャー事業で「メタルジェットプリンター」を開発 大学発ベンチャー企業「メジェップ」設立
2003年10月03日
独立行政法人科学技術振興機構が中期目標を達成するための計画(中期計画)について

2003年度 (科学技術振興事業団)

2003年10月03日
「運動量空間における磁気単極子を発見」
―磁気電気伝導、磁気光学応答の新原理を提唱―
2003年09月30日
世界最高レベルの高輝度が得られる小型半導体レーザ光源を実現
2003年09月29日
「生体の環境適応と恒常性維持のために重要な因子の機能を解明」
2003年09月25日
良好な電気特性を持つポリシリコン膜を直接成膜可能な装置を開発
2003年09月24日
日本科学未来館副館長に美馬のゆり氏10月1日就任
2003年09月22日
微小領域の多様な分析が可能である透過型電子顕微鏡を実現
2003年09月18日
シックハウス原因物質 トルエン、キシレンを色の変化で検出する発色試薬を開発 現場で・迅速・正確測定を可能に
2003年09月18日
戦略的創造研究推進事業(公募型研究)における平成15年度新規採択研究代表者・個人研究者及び研究課題の決定について
2003年09月18日
日本科学未来館の10月の特別行事について
2003年09月16日
天然物をベースとした環境に優しい植物成長調整剤を開発
2003年09月15日
シリコン同位体で色分けされたナノクラスターによる新ナノデバイス創生の可能性
−超伝導から量子コンピュータまで−
2003年09月12日
光触媒効果による多機能な食品品質保持剤の開発に成功
2003年09月11日
御子柴克彦博士がZulch賞受賞
2003年09月08日
カーボンナノチューブと有機分子の複合新素材―電気特性を自由に制御―
2003年09月01日
平成15年度委託開発事業の開発課題・開発実施企業を募集(第2回)
2003年08月29日
日本科学未来館「ノーベル賞化学者からのメッセージ〜白川英樹博士×実験工房〜」の実施について
2003年08月29日
「ハエとマウスの生殖細胞の形成に同じタンパク質が関与」
2003年08月28日
日本科学未来館の9月の特別行事について
2003年08月28日
「水晶体内のDNAが残ると白内障を引き起こすことが明らかに」
2003年08月27日
大気中の二酸化炭素をカイコやクモが糸に取り込むことを世界で初めて実証
−生物学の常識を覆すカイコやクモの特性に関する新たな知見−
2003年08月27日
プレベンチャー事業で世界に先駆け「カオスCDMAチップ」の開発に成功
カオスチップの設計、開発・製造・販売等を行うファブレスベンチャー企業設立
2003年08月27日
プレベンチャー事業で「患者にやさしい心臓手術用カテーテル」を開発
傷跡が小さく早期社会復帰を可能にする医療用具の開発・製造・販売を行う大学発ベンチャー企業「エンドテック」設立
2003年08月20日
地域結集型共同研究事業 平成10年度採択地域 合同報告会開催のお知らせ
2003年08月19日
研究成果最適移転事業 成果育成プログラムC(プレベンチャー事業)平成15年度新規採択課題を決定
2003年08月08日
超臨界二酸化炭素による環境に優しい洗浄装置を実現
2003年08月08日
高輝度、長寿命の白色発光有機ELの開発に成功
2003年08月08日
「ナノ微粒子を用いた高性能光学ポリマーの開発に成功」
2003年08月08日
スピントロニクスの新原理
−量子コンピューターの実現可能性を高める方法の理論予測−
2003年08月07日
光触媒担持セラミック多孔体空気浄化装置の開発に成功(科学技術振興事業団 委託開発事業)
2003年08月07日
薬剤を患部へ効率的に投与出来るカテーテルの開発に成功(科学技術振興事業団 委託開発事業)
2003年08月07日
「細菌べん毛繊維の全体構造の原子配置の構築に成功」
2003年08月01日
第9回基礎研究報告会−シンポジウム「生命〜その発生から死に至るまで〜」−の開催について
2003年08月01日
「室温・空気中で安定なエレクトライドの合成に成功」
2003年07月28日
日本科学未来館の8月の特別行事について
2003年07月28日
「委託開発事業」の開発課題及び開発企業を選定(科学技術振興事業団 委託開発事業)
2003年07月25日
東北大学教授大野半導体スピントロニクスプロジェクト研究総括大野英男博士がThe Magnetism Prizeを受賞
2003年07月24日
「細胞の遊走と心血管系発生にタンパク質WAVE2が必須であることを解明」
2003年07月17日
研究成果最適移転事業 成果育成プログラムA(権利化試験)平成15年度新規採択課題を決定
2003年07月16日
「杉間伐材を原料とする家畜粗飼料の製造技術」の開発に成功
2003年07月11日
「地球環境における林冠の役割を明らかに」
2003年07月11日
「ウイルス認識に関わるToll様受容体の細胞内シグナル伝達経路の解明」
2003年07月03日
抗癌剤感受性検査キットの開発に成功(科学技術振興事業団 委託開発事業)
2003年07月03日
筋収縮を調節する分子メカニズムの一端を解明
2003年07月01日
JSTが実施する研究開発事業の戦略立案機能の強化を目的として「研究開発戦略センター」を開設
2003年06月30日
平成15年度「大学発ベンチャー創出事業」の課題募集
2003年06月27日
平成15年度教育用IT環境を利用した科学技術・理科教育のためのデジタル教材活用共同研究機関決定について
2003年06月27日
「カーボンナノチューブのソフトマテリアル化に成功」
2003年06月27日
新しい染色体構造調節因子複合体とある種の遺伝疾患との関連の解明に成功  取り下げ
2003年06月26日
日本科学未来館の7月の特別行事について
2003年06月25日
プレベンチャー事業で「腎臓病モデル動物」を開発「腎臓病医薬品開発のための化合物評価受託」を行う大学発ベンチャー企業設立
2003年06月23日
「人道的地雷探知・除去支援技術」プロジェクト活動紹介−研究発表会・一次試作機展示、ポスターセッション−の開催について
2003年06月23日
「神経細胞膜を二つに分ける仕切り構造を発見」
2003年06月17日
第2回 JST IT科学技術・理科教育シンポジウム−先進的科学技術・理科教育用デジタル教材の開発・提供−の開催について
2003年06月16日
電気を流す超高温透明セラミックスの開発
2003年06月10日
社会技術研究「ミッション・プログラム」による「情報システム・セキュリティ」に関する調査研究の開始について
2003年06月09日
「委託開発事業」における開発課題および開発企業を選定
2003年06月06日
面内ヘテロ・フォトニック結晶による光ナノデバイスの実現
−極微小領域での光の自由自在な制御がいよいよ可能に−
2003年06月03日
戦略的創造研究推進事業(チーム型研究/CRESTタイプ)に係る研究費の架空発注疑惑についての調査結果及び措置内容
2003年05月29日
ダイオキシン類が生体内のホルモン作用を乱す機構の解明
2003年05月26日
広範囲測定が可能な携帯用血糖測定器の開発に成功(科学技術振興事業団 委託開発事業)
2003年05月23日
「高性能透明トランジスターを実現」―透明酸化物半導体:InGaO3(ZnO)5膜を用いて―
2003年05月22日
日本科学未来館の6月の特別行事について
2003年05月22日
糖鎖による細胞分裂制御システムの発見
2003年05月21日
研究成果最適移転事業 成果育成プログラムB(独創モデル化)の採択課題を決定
2003年05月16日
生殖細胞で染色体を半数化する分子メカニズムの糸口を発見
2003年05月14日
戦略的創造研究推進事業に係る研究者の流用疑惑についての調査結果、措置内容及び今後の対応
2003年05月13日
アルツハイマー病発症における神経細胞死の解明に向けて
-新規毒性物質(アミロスフェロイド)の発見-
2003年05月09日
「脳の左半球と右半球の違いを分子レベルで解明」
2003年05月08日
新産業創出等のための人材育成プログラム(研修)の実施
2003年05月08日
鍛造によるスパイラルベベルギアの製造技術の開発に成功 (科学技術振興事業団 委託開発事業)
2003年05月08日
プロテオーム解析による膀胱癌検査法の開発に成功 (科学技術振興事業団 委託開発事業)
2003年05月08日
医療用挿管イメージガイドの開発に成功 (科学技術振興事業団 委託開発事業)
2003年05月07日
「着色廃ガラスのリサイクルに成功」−夜間に発光する蛍光ガラス−
2003年05月06日
科学技術振興事業団の機関評価(事業運営全般)結果について
2003年05月02日
「ニューロン病がダイニンたんぱく質の変異によって起こる仕組みを発見」
2003年04月30日
『地域から発信する科学技術』シンポジウム−バイオメディカルを産学官連携で産業につなぐ−を宮崎県で開催
2003年04月24日
戦略的創造研究推進事業における平成15年度新規領域及び研究総括の決定と研究提案の募集開始
2003年04月23日
日本科学未来館の5月の特別行事について
2003年04月10日
プレベンチャー事業で「間葉系幹細胞の移植技術」を開発
2003年04月10日
プレベンチャー事業で「鉄シリサイドを利用した光センサ」の研究開発に成功
2003年04月10日
研究情報データベース化事業において開発したDNA多型情報データベースの公開を開始
2003年04月08日
『三番瀬の未来を考えるシナリオ・ワークショップ』の開催予定・参加市民公募についてのお知らせ