グリーン・イノベーションと社会実験(JSTシンポジウム)

2010年11月17日(水)江戸東京博物館ホール

開催概要

目的

政府は新成長戦略の中でグリーン・イノベーションによる環境・エネルギー大国戦略を掲げ、これまで公害問題や石油危機の克服により培ってきたグリーン技術をさらに発展させ、重点的に促進することとしました。グリーン・イノベーションがグリーン技術による社会システムの変革とすると、グリーン技術が社会で適用されるものであるかはイノベーションへ繋げる上で不可欠の要素となります。そのため、グリーン技術を実験的に社会に実装し、社会・制度とのマッチングを検証する「社会実験」が、技術とイノベーションの間をつなぐ重要なプロセスとして、各地で進められています。

本シンポジウムでは、グリーン技術の社会実験に関わる様々な立場から、社会実験の意義・展開・進める上での障壁・求められる政策等について事例・意見を示し、グリーン技術をイノベーションへ繋げるための「社会実験」の必要性・あり方、促進のための政策などを探り、発信していくことを目的としています。

開催情報
開催日時 2010年11月17日(水) 13:00〜17:30
※終了いたしました
場所 江戸東京博物館ホール(東京都墨田区)
会場地図はこちら
主催 独立行政法人 科学技術振興機構(JST)
後援 文部科学省
定員 400名
参加費 無料 (要事前登録)
※お申し込みの受付は終了いたしました。

Copyright (c) 2010 JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY. All rights reserved.