科学技術振興事業団報 第348号
平成15年8月19日
埼玉県川口市本町4−1−8
科学技術振興事業団
電話048(226)5606(総務部広報室)
URL http://www.jst.go.jp

研究成果最適移転事業
成果育成プログラムC(プレベンチャー事業)
平成15年度新規採択課題を決定

 科学技術振興事業団(理事長 沖村 憲樹)は、平成15年度における研究成果最適移転事業 成果育成プログラムC(プレベンチャー事業)における新規採択課題10件を別紙1のとおり決定いたしました。
 本事業は、大学、国公立研究機関等の優れた研究成果の実用化を促進するため、当該研究成果を基にし、起業化につながることが期待される研究開発を実施するものです。
 今年度の募集は平成15年1月10日に開始し、平成15年3月10日(月)に締め切り、98件の応募がありました(別紙2)。本プログラム評価委員会(別紙3:委員長 中川威雄 ファインテック株式会社 代表取締役社長)において、課題の新規性及び優位性、研究開発計画の妥当性、起業化の可能性、新規事業創出の効果を評価項目(別紙4)として、課題の選考(事前評価)を進め、このたび事業団が決定しました。今後、契約などの条件が整い次第、研究開発実施に着手する予定です。

(別紙1)研究成果最適移転事業成果育成プログラムC(プレベンチャー事業)における新規採択課題
(別紙2)研究成果最適移転事業成果育成プログラムC(プレベンチャー事業)に係る平成15年度応募課題
(別紙3)研究成果最適移転事業成果育成プログラムC(プレベンチャー)評価委員会委員一覧
(別紙4)研究開発課題の評価項目及び基準と評価手続き
(参考)研究成果最適移転事業成果育成プログラムC(プレベンチャー事業)
研究開発課題の概要

(注)本件に関するお問い合わせは、技術展開部新規事業創出室の服部博美(はっとり ひろみ)または斎藤隆行(さいとう たかゆき)までご連絡下さい。
(: 03-5214-0016)



This page updated on August 19, 2003

Copyright©2003 Japan Science and Technology Corporation.