科学技術振興事業団報 第332号
平成15年6月30日
埼玉県川口市本町4−1−8
科学技術振興事業団
電話(048)226-5606(総務部広報室)
URL:http://www.jst.go.jp/

JSTが実施する研究開発事業の戦略立案機能の強化を目的として
「研究開発戦略センター」を開設


 科学技術振興事業団(理事長 沖村憲樹、以下JST)は、JSTが実施する研究開発事業の戦略立案機能の強化を目的として、野依良治名古屋大学教授をセンター長とする「研究開発戦略センター」を7月1日に開設します。
 同センターでは、国内外の研究開発動向を把握するとともに、社会・経済ニーズ分析による解決すべき研究開発課題の抽出や発展が期待される科学技術シーズの抽出を行い、これらに基づき効果的なJST事業の運営が可能となるよう研究開発戦略の立案を行います。また、JSTの基礎研究事業の研究領域について、総合的な評価を行います。
 同センターの行う研究開発戦略立案の成果は、JSTの実施する基礎研究事業の研究領域の設定、研究総括・領域アドバイザー等の選考等に活用するほか、JSTの他の事業の運営にも活用します。また、同センターにおける業務の成果が他の機関にも広く活用されるよう情報の発信に努めます。
 同センターには、野依センター長の下に上席フェローを配置します。7月1日の時点で、生駒俊明一橋大学客員教授、村井眞二大阪大学名誉教授、臼井勲(財)科学技術広報財団常務理事が上席フェローに着任します。また、上席フェローの担当する専門分野ごとに、研究や研究開発の企画等の経験者であるフェローを数名配置し、戦略立案のための活動を行う体制を整備します。
 戦略立案のための活動として、JSTが制作している科学技術文献をはじめとした文献・特許の各種データベースの活用による定量的な調査分析、ワークショップやシンポジウムを通じたホットな研究領域の探索、実用化につながる研究成果の検討のほか、JSTの海外拠点を活用した海外動向調査も加えて実施し、戦略立案を進める予定です。

 なお、本件についての問い合わせは、研究開発戦略センター (電話03−5214−7481) 野田(のだ)又は小泉(こいずみ)までご連絡下さい。

研究開発戦略センターの概要


This page updated on July 1, 2003

Copyright©2003 Japan Science and Technology Corporation.