科学技術振興事業団報 第302号
平成15年3月18日
埼玉県川口市本町4-1-8
科学技術振興事業団
電話(048)226-5606(総務部広報室)
URL http://www.jst.go.jp/
川崎市高津区坂戸
財団法人神奈川科学技術アカデミー
電話(044)-819-2035
URL http://home.ksp.or.jp/
画期的なバイオセンサーの開発
二次元イメージングSPR装置
〜「神奈川県地域結集型共同研究事業」の研究成果〜


 次世代光産業の発展の戦略的基盤となる、革新的光学材料・光機能材料の研究開発を通じて、特に環境分野を視点として新産業を創出し、独創的光材料開発に関するCOE構築を目指して、産学官のポテンシャルを結集してチャレンジした共同研究事業『独創的光材料の開発による環境技術の創製』プロジェクトの成果がまとまりました。
 このプロジェクトは、文部科学省及び科学技術振興事業団が平成10年度にスタートさせた地域結集型共同研究事業の第二期目(全国4地域の一つ)であり、神奈川県を中心とする産学官が結集して進めてきたものです。
 (財)神奈川科学技術アカデミー(KAST) が行っている神奈川県地域結集型共同研究事業「鈴木グループ」(グループリーダー鈴木孝治、慶應義塾大学理工学部教授)では光による物質の検出や計測のための光センシング材料の開発をテーマに研究を行っています。この度、表面プラズモン共鳴(SPR)現象を利用した2つの装置を開発しました。いずれも細胞、蛋白質などの生体物質をリアルタイムに測定できるツールとし最先端バイオテクノロジーの研究に貢献する非常に有効なツールとなるものです。

○〜面領域の測定による多チャンネル、流体挙動の測定が可能〜
二次元イメージングSPR装置


 面領域の測定が可能という画期的な特性により、マルチセンサーチップ上の多様な対象物質、生体反応を高感度、高精度に同時に検出することが出来ます。アレルギー反応の指標となる生体微量物質、環境中の微量物質の測定が可能となり、病気の診断、発病の機構解明のみならず製薬、石油化学などの化学工業分野、環境科学分野といった非常に広範囲な応用が期待できます(資料参照

本件については、平成15年3月18日(火)午後2時に、文部科学省記者会、神奈川県政記者会へ同時に資料提供するとともに、3月18日〜20日 早稲田大学にて開催の日本化学会展示会で展示します。また3月19日(水)午後2時〜4時まで、同展示ブースにてプレス向け技術説明を行います。
資料
資料補足

*****************************************************************
本件に関する問い合わせ先:

財団法人神奈川科学技術アカデミー 研究部 研究事業課
 〒213-0012 川崎市高津区坂戸3-2-1
 田巻 一彦(たまき かずひこ)
 高橋 真木子(たかはし まきこ)
 TEL: 044-819-2035 / FAX: 044-819-2026

科学技術振興事業団 地域事業推進室
 〒332-0012 埼玉県川口市本町4−1−8
 調査役 菊池 文彦(きくち ふみひこ)
 TEL: 048-226-5634 / FAX: 048-226-5666
*****************************************************************


This page updated on March 18, 2003

Copyright©2003 Japan Science and Technology Corporation.