JSTトップ > JST news > 理事長インタビュー

理事長インタビュー

2016年度

  • 10月
    2016年10月「未来の価値づくりに 新たな挑戦を」

    JSTは今年10月で設立20周年を迎えました。「日本科学技術情報センター(JICST)」と「新技術事業団(JRDC)」が1996年10月に統合し、科学技術振興事業団(当時)が誕生しました。

    この20年は国内外ともに激動の時代でした。発足の年に第1期科学技術基本計画がスタートし、JSTは同計画に沿った科学技術政策の中核的な実施機関の役目を担ってきたのです。イノベーションの推進、科学技術外交や震災復興など、科学技術の成果を社会につなぎ、希望の持てる国づくりや、明日の科学者を育てる事業など、ユニークな事業に取り組んできました。

    人工多能性幹細胞(iPS細胞)の作製と、青色発光ダイオード(LED)の開発と実用化を長期にわたって支援し、2つのノーベル賞受賞につなげました。昨年は、ロイター社の「Top25 グローバル・イノベーター:国立研究機関」の世界第3位に選ばれました。

    世界的な潮流のイノベーションを推進し、科学技術を社会に役立たせ、生活を豊かにするために、JSTはこれからどのような貢献が求められているのでしょうか。濵口道成理事長が語ります。

  • 5月
    2016年5月「変革への挑戦」

    JSTの将来像を打ち出し、日本の研究開発の活性化をめざす「濵口プラン」がまとまった。理事長の名前を冠したこの改革プランの狙いと、思いを聞いた。(JST広報課・山下礼士)

2015年度

  • 1月
    2016年1月「理事長新春インタビュー」

    2016年が明けた。東日本大震災から5年目を迎える。近未来を見すえつつ当面5年間の政策を具体化する国の「第5期科学技術基本計画」がスタートする。JSTは設立20年を迎える。この大きな節目の年初にあたって、昨秋就任した濵口道成理事長に抱負を語ってもらった。「大学との密接な連携・協働」「情報時代の政策推進と人材育成」「復興と減災」「多様性と新たな価値観」について熱く語る姿は、かつての臨床医師を彷彿とさせる。社会と科学のあり方からJSTの体質改善までを冷静に観察し、的確な診断と処方箋をじっくりと準備しているようだ。(科学ジャーナリスト・浅羽雅晴)