JSTトップJSTnews 最新号

JST news 2015年4月号

JSTnews

JSTnewsは、国立研究開発法人科学技術振興機構(略称JSTの広報誌です。JSTの活動と、最新の科学技術・産学官連携・理数教育などのニュースを、わかりやすくご紹介します。

Index20154月号

 

記事1

記事1写真

 
P.03

世界トップ水準の「国立研究開発法人」スタート

イノベーション時代に合わせた国の新しい法人制度が12年ぶりに発足する。科学技術振興機構(JST)や宇宙航空研究開発機構(JAXA)など30の公的研究機関が4月1日から「国立研究開発法人」として衣替えし、日本医療研究開発機構(AMED)が新設された。日本の強みを生かした制度で、大学の若手研究者や企業からの期待も大きい。わが国の科学技術戦略を実施・推進する中核的な組織であるJSTの中村道治理事長に新制度にかける思いと覚悟を語ってもらった。さらに、この制度の政策・立案に数年がかりで取り組んできた土屋定之・文部科学審議官にはその真の狙いを、森本浩一・内閣府政策統括官には科学技術政策の舵取りの立場から、それぞれの期待や要望を聞いた。

記事2

記事2写真

 
P.08机上の空論か宝の地図か!? 生命現象の本質をとらえる数理モデル

生命の謎を数学・数理科学で解く

動物の模様や姿、形を、自在に変えられるようになるかもしれない―。
熱帯魚の縞模様は、「チューリング波」と呼ばれる体の表面の細胞で起こる化学反応の「波」で生じているという仮説を初めて実験で明らかにした。理論と実験で動物の模様を自在に操る科学者が今、動物の形づくりの原理に挑む。

明日へのトビラ

明日へのトビラ写真

 
P.127日間電池交換なしで使える無線式心電計

在宅の患者を遠隔地から24時間見守る!

東北地方では多くの病院が被災したため、在宅医療の患者が急増している。そんな中、JSTの「復興促進プログラム」により、自宅で7日間昼夜連続で心電波形を計測して無線送信できる、世界でも類を見ない低消費電力の小型心電計が開発された。遠隔地の患者の容体をリアルタイムで確認できる強い味方が生まれた。

キャリア応援Special

JREC-IN Portalのトップ画面

 
P.14研究者向けサイトを活用してキャリアアップを目指そう

若手研究者のキャリア支援を強化!

一流の研究者になるには、多くの研究機関を渡り歩いて業績を磨くことが大切だが、それは若手研究者の身分の不安定さにもつながってしまう。JSTではこれまで、キャリア支援情報サービス「JREC-IN(ジェイレック・イン)」や研究者総覧データベース「researchmap(リサーチマップ)」などのウェブサイトを公開し、研究者を支援してきた。2014年10月にはJREC-INをリニューアルし、新たに「JREC-IN Portal(ポータル)」を開設した。リサーチマップとの連携を強化し、研究職の階段をのぼるために必要な情報を1つのサイトに集めるなど使いやすくし、若手研究者必携のキャリア形成ツールにした。

TOPICS

TOPICS写真

 
P.16JSTの最近のニュースから…

TOPICS

【研究成果】 量子の世界を見ることへの挑戦 ~世界最高の分解能を達成
【イベント開催報告】 科学技術リテラシー向上のさらなる推進のために
【研究成果】 トウモロコシの芯からペットボトルをつくる
【研究成果】 神経回路の発達に欠かせないたんぱく質を発見

さきがける科学人

さきがける科学人写真

P.18ライフサイエンスデータベース統合推進事業

好きな研究をしながら生命科学の情報環境づくりも

JSTバイオサイエンスデータベースセンター 研究員
川嶋 実苗

ページトップへ

表紙画像

表紙写真について

育てやすく、大きくても体長5cm程度にしかならない、シマウマのような模様のゼブラフィッシュが入った水槽を手にした大阪大学大学院生命機能研究科の近藤滋さん。
「理論的には、キリンなど大型動物の模様を変えることもできますが、育てるのにお金がかかるので挑戦していません」。魚の模様が、これまでの生物学では想定されていなかった波のような原理で動くことを発見して以来、動物の体の模様や形づくりの仕組みを研究している。研究室には、さまざまな模様と形をしたゼブラフィッシュが入った1,200もの水槽が所狭しと並んでいる。

  • 最新号
  • バックナンバー
  • 冊子を取り寄せる
  • JST news メルマガ登録
  • JST news へのお問い合わせ
  • ご利用方法

JST news

編集発行/国立研究開発法人 科学技術振興機構 総務部広報課
〒102-8666 東京都千代田区四番町5-3 サイエンスプラザ
電話/03-5214-8404 FAX/03-5214-8432