JST News 1月号表紙

扉写真 日本科学未来館
科学と芸術は、相反するものと考えられがちだが、過去においては密接な交流があった。現在、日本科学未来館で開かれている企画展では、科学を芸術で表現することに取り組んでいる。
What's is JST? 日本科学未来館の活動
National Museum of Emerging Science and Inovation

 日本科学未来館は最先端の科学技術と人をつなぐ新しいコンセプトのサイエンス・ミュージアムとして東京・臨海副都心のお台場に誕生し、今年5周年を迎えます。
 未来館は「科学を文化に」というコンセプトのもと、科学技術を文化の一つとして社会の中に定着させ、理解と共感を深めてもらうための新しい試みに挑戦しています。その一環として参加体験型の展示や実験工房、企画展、イベントなどを行い、科学者・技術者、インタープリター(展示解説員)、ボランティアなどと、一般の人々との交流の場を提供しています。同時に研究開発の場として、難解な科学技術をわかりやすく伝える手法を開発し、最先端の研究活動について情報を収集、国内外に発信する拠点として活動しています。

C O N T E N T S
03 People
外とつながり進化するミュージアム
毛利衛
日本科学未来館館長、宇宙飛行士
04 Special Report 座談会
これからの科学技術を
どうリードするか

基礎研究や競争的研究をどう進めるか。
創造性豊かな人材をどう養成するか。
第3期科学技術基本計画がスタートする今年。
学術、ジャーナリズム、JSTの立場から、
これからの政策の課題や期待を語ってもらった。
黒田玲子/北村行孝/沖村憲樹
08 Communication
物理への夢を育む
若者とトップ研究者との対話

10 R & D
日本生まれの新型素子
光の新世界をひらくフォトニック結晶
12 Local Technology
薄型テレビへの利用も期待
新しい製造法で実用めざす「有機EL」
14 Literacy
『サイエンス+フィクション』展
科学を芸術で表現する
16 Entertainment
佐々木成朗が選ぶ
「1月の本・映像・展示」


* PDF(2516kb) *



JST News Vol.2/No.10 2006/January 発行日/平成18年1月
編集発行/独立行政法人 科学技術振興機構 総務部広報室
〒102-8666 東京都千代田区四番町5−3 サイエンスプラザ
電話/03-5214-8404 FAX/03-5214-8432
E-mail/jstnews@jst.go.jp ホームページ/http://www.jst.go.jp