JST News 12月号表紙
扉写真 屋久島の深い森
自然の力強さと厳しさを感じさせる屋久島の深い森。屋久杉自然館では、こうしたフィールドで自然の素晴らしさや貴重さを児童らに伝える環境教育・科学教育を、学校や地域と連携して実践している。
What's is JST? JSTの基礎研究支援
Japan Science and Technology Agency

 科学技術創造立国を目指す方針のもとに、新しい技術を生み出すもととなる基礎的な研究を推し進めることがJST(科学技術振興機構)の重要な業務の一つです。
 科学技術政策や社会的ニーズを踏まえ、将来実現が期待される「戦略目標」の達成を目指した研究を支援しています。
 研究者は個人またはチームを結成して研究テーマを提案します。その中から優れた提案が選び抜かれて、研究費を受けることとなります。各地に分散する研究者(チーム)は研究領域という集合の中で、研究総括という指導者と意見交換をするなどしながら研究を進めます。
 いわば「姿無き研究所」として運営されるのが、JSTの研究支援の特徴です。


C O N T E N T S
03 People
「問題の立て方」が新しい学問を生む
大沢文夫 大阪大学・名古屋大学名誉教授/
愛知工業大学客員教授
04 Special Report
日本の再生医療のいま、これから
世界水準の研究、実現へのハードルは

「21世紀の夢の医療」と呼ばれる再生医療。
失われた組織や臓器をよみがえらせるとの期待が寄せられる
この新しい医療技術によって、これまで何が可能となり、またこれから何が実現するのであろうか。
これからの可能性と課題を聞いた。
08 R & D
植物の生き残り戦略
細胞の死を命ずる酵素の不思議

10 Literacy
地域の科学館と学校が連携
屋久島の豊かな自然から学ぶ
12 Food & Technology
微生物の力を借りた
おいしいイチゴづくり
14 Information
日本が貢献する国際データベース
すべての生きものの情報を収録
16 Entertainment
秋山仁が選ぶ
「12月の本・映画・音楽」

* PDF (3,675KB) *

JST News Vol.2/No.9 2005/December 発行日/平成17年12月
編集発行/独立行政法人 科学技術振興機構 総務部広報室
〒102-8666 東京都千代田区四番町5−3 サイエンスプラザ
電話/03-5214-8404 FAX/03-5214-8432
E-mail/jstnews@jst.go.jp ホームページ/http://www.jst.go.jp