1万人の乳幼児を対象に、「環境が子どもの心身や言葉の発達にどんな影響を与えるか」を、5年間追跡する調査研究がはじまる。
JSTの役割と使命
Japan Science and Technology Agency
 JST(科学技術振興機構)は、国の科学技術基本計画を実施する機関として、研究や開発が活発に進むようにさまざまな支援活動をおこなっています。
 新しい技術を生み出すもととなる基礎的な研究を方向づけ、支えることは大切な仕事です。研究者から研究課題を募り、そのうちから選んだ個人やグループに研究費を配分し、チームには集約的な研究を進める形の支援をしています。
 新しい技術と企業や地域を結び、生まれた技術を社会に生かす糸口をつけるのも私たちの仕事です。また日本や海外の科学技術の情報を収集し、それを必要とする皆さんに提供する業務もおこなっています。
 さらにもう一つの使命は、市民の皆さんに科学技術についての理解を深めていただく手助けをすることです。科学技術のさまざまな成果や生き生きとした活動の様子を広く知っていただくために、日本科学未来館やサイエンスチャンネルを運営しています。
 JSTは、科学技術を社会に役立てるための力強いサポーターでありたいと願っています。

C O N T E N T S
03 People
過疎の町から世界につなげる
和歌山県美里町立みさと天文台

豊増伸治研究員と大成高校美里分校の
天文台同好会会員
04 Special Report
子育て、健やかな老後を支援する
人と社会に役立つ脳科学を求めて

心身健やかな子供を育てる教育や環境とは?
高齢者が達者であり続けるための方法は?
こうした疑問に脳科学の研究者が答えようとしている。
よりよい人生のため、そして社会に役立つために始まった子供の追跡調査など研究の最前線を紹介する。
12 Research & Development
細胞の生き残り戦略
「オートファジー」に迫る
10 Eco-technology
フラーレンを使った新素材
植物光合成をしのぐ「有機太陽電池」
08 Local Technology
5ccの血液で病気を瞬時に診断
DNAチップが製品化
14 Literacy
江戸期に花開いた数学文化
企画展「和算の贈り物」から
16 Science Entertainment
有馬朗人が選ぶ
「1月の本・映像・展示」

* PDF(1,447KB) *



JST News 発行日/平成17年1月
編集発行/独立行政法人 科学技術振興機構 総務部広報室
〒102-8666 東京都千代田区四番町5−3 サイエンスプラザ
電話/03-5214-8404 FAX/03-5214-8432
E-mail/jstnews@jst.go.jp ホームページ/http://www.jst.go.jp