JSTトッププレス一覧科学技術振興機構報 第975号 > 参考1
参考1

A−STEP「FSステージ 探索タイプ」について

1.事業の概要

A−STEP(Adaptable and Seamless Technology Transfer Program through Target−Driven R&D)は、大学・公的研究機関など(以下、「大学など」※1と言う)で生まれた研究成果を基にした実用化を目指すための研究開発フェーズを対象とする技術移転支援プログラムです。

A−STEPは、大学などにおける研究成果の中から技術移転の可能性を探索するフェーズ、シーズ候補を企業の視点から掘り起こしてシーズとしての可能性を検証し、顕在化させるなど実用化に向けた初期のフェーズから、顕在化したシーズの実用性を検証する中期のフェーズ、また、研究成果を基にしたベンチャー起業により実用化を目指すフェーズ、さらに製品化に向けて実証試験を行うため企業主体で企業化開発を実施する後期のフェーズまで、それぞれの研究開発フェーズの特性に応じた複数の支援タイプにより実施しており、フィージビリティスタディ(以下、「FS」と言う)ステージ、および本格研究開発ステージの2つのステージから構成されています。

※1「大学など」とは、国公私立大学、高等専門学校、国立試験研究機関、公立試験研究機関、研究開発を行っている特殊法人、独立行政法人、公益法人(非課税の法人に限る)などを言います。

2.A−STEP FSステージの概要

A−STEP FSステージでは、本格研究開発ステージへの展開を目指すシーズ候補に対し、技術移転の可能性を探索する「探索タイプ」、企業ニーズにつながるシーズとしての可能性を検証する「シーズ顕在化タイプ」の2種類の支援タイプを実施します。

3.「探索タイプ」について

大学などの研究者と各種コーディネータなどが対話を通じて、基礎研究のうち技術移転の可能性を探索すべく課題について、実用化に向けた研究開発を支援するとともに、コーディネート活動を促進することを目的としています。

◆研究開発期間:原則、最長1年間

研究開発費:基準額 170万円(間接経費を含む)

基準額を超える申請(上限:総額300万円)、期間を延長する申請には、理由書が必要です。

◆申請

図:A-STEP の事業スキーム

4.A−STEP FSステージの支援タイプ一覧

支援タイプ名 探索タイプ シーズ顕在化タイプ
支援の目的 大学などの研究者と各種コーディネータなどが対話を通じて、基礎研究のうち技術移転の可能性を探索すべく課題について実用化に向けた研究開発を支援するとともに、コーディネート活動を促進する。 産業界の視点から見いだされた、大学などの研究成果に潜在しているシーズ候補について、産学共同で企業ニーズにつながるシーズとなる可能性の有無を検証する。
申請者の要件 大学などの研究者とコーディネータなどの共同申請、または大学などの研究者の申請(企業の研究開発関係者による見解が必要) 大学などの研究者と企業の共同申請
研究開発期間
(原則)
最長1年間 最長1年間
研究開発費の総額
(間接経費込)
(原則)
基準額170万円
(〜300万円まで)
基準額800万円
(〜1000万円まで)