JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第963号
科学技術振興機構報 第963号

平成24年6月18日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)
Tel:03-5214-8404(広報課)
URL http://www.jst.go.jp

「知財活用促進ハイウェイ」における「大学特許価値向上支援」
平成25年度新規採択課題の決定について

JST(理事長 中村 道治)は、知的財産戦略センター(センター長 阿部 博之)で平成23年度より開始した「知財活用促進ハイウェイ」における「大学特許価値向上支援」の支援対象となる新規採択課題65件を決定しました(別紙)。

「知財活用促進ハイウェイ」は、投資機関などと連携しつつ、大学や公的研究機関など(以下「大学など」という。)が保有する未利用特許の活用を推進するための制度です。大学などの研究成果の実用化・社会への還元を促進し、これにより社会経済、科学技術の発展や国民生活の向上を図ることを目的とします。具体的には「大学特許価値向上支援」、「投資機関などとの連携」、「特許マップ・特許群の提供」、「ライセンス可能な特許情報(未公開特許情報を含む)の提供(J−STORE)」を4つの柱としています。

このうち「大学特許価値向上支援」は、大学が持つ基本特許の価値向上を目的として、大学などに試験研究および技術移転調査を合わせて支援するもので、試験研究費は上限300万円、技術移転調査費は上限50万円です。

本年度は平成25年3月4日(月)から4月10日(水)まで課題を募集し、306件の応募がありました。課題の基本技術の優位性、技術移転の可能性および申請内容の合理性などの観点から評価委員会にて審査し、その結果をもとに65件の課題を決定しました。

なお、事業の詳細は、下記ホームページを参照してください。

ホームページURL:http://www.jst.go.jp/chizai/ip-hwy/koubo.html

<添付資料>

別 紙:知財活用促進ハイウェイ「大学特許価値向上支援」平成25年度新規採択課題 一覧

参考1:知財活用促進ハイウェイ「大学特許価値向上支援」の概要

参考2:知財活用促進ハイウェイ評価委員会委員 一覧

<お問い合わせ先>

科学技術振興機構 知的財産戦略センター
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
中村 宏(ナカムラ ヒロシ)、香浦 大樹(カウラ タイジュ)、田中 史祥(タナカ フミヨシ)
Tel:03-5214-8477 Fax:03-5214-7626
E-mail: