JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第955号
科学技術振興機構報 第955号

平成25年5月16日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)
Tel:03-5214-8404(広報課)
URL http://www.jst.go.jp

『科学の甲子園ジュニア全国大会』の第1回の開催について
—全国の中学生が都道府県対抗で科学の知識・技能を競う—

JST(理事長 中村 道治)は、科学好きの裾野を広げるとともに、未知の分野に挑戦する探究心や創造性に優れた人材を育成することを目的として、全国の中学生が都道府県を代表して科学の知識・技能を競う「科学の甲子園ジュニア全国大会」を創設しました。第1回全国大会は、平成25年12月21日(土)から12月22日(日)の日程で、東京にて開催されます。

本大会には、各都道府県において選考された47の代表チームが出場し、理科・数学などの複数分野にわたる筆記・実技競技に協働して取り組み、チームごとに総合点を競います。代表チームの選考は各都道府県教育委員会に委ねられます。本大会は、全国中学校理科教育研究会との共催、文部科学省と東京都教育委員会、全日本中学校長会の後援(申請予定)を得て開催します。

変化の激しい知識基盤社会を迎え、中学校教育においても科学的リテラシーの育成と科学技術系人材の育成が求められている中、学力・学習状況調査を通じた中学段階での生徒の「理科離れ」や、科学好きの生徒が切磋琢磨し評価される場の不足も指摘されています。こうした中、全国の中学生が科学と実生活・実社会との関連に気付き、科学を学ぶことの意義や科学好きな仲間と集う楽しさを実感できる場を提供するために「科学の甲子園ジュニア全国大会」は創設されました。

JSTでは、発達段階に応じ才能を伸ばせるよう体系的な人材育成を推進しています。今回創設する「科学の甲子園ジュニア全国大会」や今年度で3回目を迎える高校版「科学の甲子園全国大会」などの事業を通じて、科学好きの裾野を広げ、生徒が才能を十分に発揮し、切磋琢磨する機会を提供していきます。

大会の概要や出場校の選考などの詳細は、別紙を参照してください。

日程 平成25年12月21日(土)〜12月22日(日)
場所 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都渋谷区代々木神園町3番−1号)

<添付資料>

別紙1:平成25年度「科学の甲子園ジュニア全国大会」開催概要

別紙2:「第1回科学の甲子園ジュニア全国大会」都道府県代表選考予定、および問い合わせ先 一覧

<お問い合わせ先>

科学技術振興機構 理数学習支援センター 才能育成担当
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
担当:河崎 泰介、ラオ ちぐさ、三浦 麻子
Tel:03-5214-7053 Fax:03-5214-7635
E-mail: