JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第923号
科学技術振興機構報 第923号

平成24年10月25日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)
Tel:03-5214-8404(広報課)
URL http://www.jst.go.jp

戦略的創造研究推進事業 先端的低炭素化技術開発(ALCA)における
平成24年度新規研究開発課題
およびステージアップ課題の決定について

JST(理事長 中村 道治)は、戦略的創造研究推進事業 先端的低炭素化技術開発(ALCA)の平成24年度提案募集(プロジェクトステージ※1)における新規採択研究開発代表者および研究開発課題を決定しました。また、昨年度より実施していた研究開発課題探索(探索ステージ※2)からステージアップする研究開発代表者および研究開発課題を決定しました。

ALCAは平成22年度より開始し、温室効果ガスの削減を中長期にわたって継続的かつ着実に進めていくために、ブレークスルーの実現や既存の概念を大転換するような『ゲームチェンジング・テクノロジー』の創出を目指し、新たな科学的・技術的知見に基づいて温室効果ガス削減に大きな可能性を有する技術を創出するための研究開発(研究開発期間:10年以内、研究開発費:1,000万円〜3,000万円/年)を実施します。支援によって得られる研究開発成果は、将来のグリーン・イノベーションにつながるものと期待されます。

平成24年度提案募集では、産官学各界の研究者から229件の応募がありました。また、平成23年度に採択された研究開発課題探索から、119件がステージアップ審査に進みました(別紙1)。募集締め切り後、先端的低炭素化技術開発事業推進委員会(委員長:橋本 和仁 事業統括)において書類選考と面接選考(事前評価)を実施し、平成24年度提案募集では16件、ステージアップ審査では11件の研究開発代表者とその研究開発課題を採択しました(別紙2別紙3)。

なお、事業の詳細や技術領域の概要、選考の方法などは下記ホームページを参照してください。

ホームページURL:http://www.jst.go.jp/alca/

※1
プロジェクトステージの規模:2〜5年、総額5,000万〜1億5,000万円
※2 探索ステージの規模:1年以内、500万円以内

<添付資料>

別紙1: 平成24年度 応募数および採択数

別紙2: 平成24年度 新規採択研究開発代表者および研究開発課題

別紙3: 平成24年度 探索ステージからステージアップした研究開発代表者および研究開発課題

別紙4: 先端的低炭素化技術開発事業推進委員会委員長、委員、分科会委員および外部評価委員

別紙5: 選考の観点

参考: 先端的低炭素化技術開発(ALCA)の概要

<お問い合わせ先>

科学技術振興機構 環境エネルギー研究開発推進部(ALCA担当)
〒102-0076 東京都千代田区五番町7 K’s五番町
古賀 明嗣(コガ アキツグ)
Tel:03-3512-3543 Fax:03-3512-3533
E-mail: