JSTトッププレス一覧科学技術振興機構報 第891号 > 参考1
参考1

知財活用促進ハイウェイ「大学特許価値向上支援」の概要

1.知財活用促進ハイウェイについて

(1)目的

投資機関などと連携しつつ、大学や公的研究機関など(以下「大学など」という。)が保有する未利用特許の活用を促進し、大学などによる研究成果の実用化・社会への還元を加速させ、これにより社会経済や科学技術の発展や国民生活の向上に資することを目的としています。

(2)概要

知財活用促進ハイウェイは、以下の4つを柱としています。

(1)大学特許の価値向上支援

大学などが保有するライセンス可能な特許に係る追加データ取得、関連発明創出、試作品製作のための試験研究費および市場調査などのための技術移転調査費を提供

(2)投資機関などとの連携

投資機関などとの連携による、大学などが保有する未利用特許の活用の促進

(3)特許マップ・特許群の提供

大学などが保有する特許をさまざまな観点から分類し、特許マップや特許群の情報を提供

(4) JSTが運営するJ−STORE(研究成果展開総合データベース)による、ライセンス可能な特許情報(未公開特許情報を含む)の提供

2.大学特許価値向上支援について

(1)内容

○大学などが保有する未利用特許の価値を向上させるため、データ追加試験や試作品製作に必要な試験研究費を支援します。

○特許技術の企業への技術移転を促進するために必要な調査活動費(技術移転調査費)を支援します。

(2)課題公募について

(1) 申請者の要件

以下の条件を共に満たすことを申請要件とします。

  1.  (i)技術移転を促進する大学などの産学連携や知的財産部門、TLOなどの技術移転機関に所属する者による申請であること
  2. (ii)支援対象となる特許が、JSTが運営するJ−STORE(研究成果展開総合データベース:http://jstore.jst.go.jp/)に掲載されていること
(2) 支援期間

単年度(原則 平成24年度末まで)

(3) 支援費の規模

試験研究費:上限300万円

技術移転調査費:上限50万円