JSTトッププレス一覧科学技術振興機構報 第890号 > 参考
参考

「平成22年度小学校理科教育実態調査」回答者の特性

(1)調査対象校及び回答校数内訳

表1 調査対象校の理科支援員配置パターン別内訳

パターン 対象校数 発送校数 回答校数 回収率
理科支援員1年間配置 5,385 308 253 82%
理科支援員2年間配置 3,223 308 256 83%
理科支援員3年間配置 1,072 154 120 78%
理科支援員配置校小計 9,680 770 629 82%
支援員未配置校 12,346 446 340 76%
合計校数 22,026 1,216 969 80%

(1)学校(理科主任もしくはそれに相当する教員)の回答

○有効回答数:969件

表2 支援策のパターン※1

支援策パターン 回答件数 内容
未配置 253 過去3年間で理科支援員および理科専科が配置されていないと回答した学校
専科のみ配置 104 過去3年間で少なくともいずれかの年度で理科専科が配置されているが、理科支援員はいずれの年度にも配置されていないと回答した学校
支援員のみ配置 375 過去3年間で少なくともいずれかの年度に理科支援員が配置されているが、理科専科はいずれの年度にも配置されていないと回答した学校
支援員・専科配置 237 過去3年間の少なくともいずれかの年度で理科支援員および理科専科が配置されていると回答した学校
円グラフ 調査対象学校(969校)の支援策パターン別内訳

図1 調査対象学校(969校)の支援策パターン別内訳

※1 学校質問票問6「理科支援員が配置された年度と学年」および問7「理科専科が配置された年度と学年」の回答から、支援策のパターンを4通りに分類した。

(2)教員質問票(理科を教える第3学年〜第6学年の学級担任)の回答

支援策パターン 回答件数 内容
支援員未活用・
指導無0年
666 過去3年間で理科支援員を未活用であり、さらに理科専科あるいは低学年担当等で理科を指導する必要がなかった年度がないと回答した教員
支援員未活用・
指導無1年以上
577 過去3年間のいずれか1年以上、理科専科あるいは低学年の担当等で理科を指導する必要がなかったと回答し、かつ過去3年間で理科支援員を未活用と回答した教員
支援員活用1年以上・
指導無0年
616 過去3年間でいずれかの年度1年以上、理科支援員を活用したと回答し、かつ過去3年間で理科を指導する必要がなかった年度がないと回答した教員
支援員活用及び
指導無1年以上
297 過去3年間にいずれかの年度に理科支援員を活用し、さらに理科専科あるいは低学年の担当等で理科を指導する必要がなかった年度があると回答した教員
円グラフ 調査対象教員の支援策パターン別内訳

図2 調査対象教員(2,156名)の支援策パターン別内訳

※2 教員質問票問12@「理科支援員の活用年度」および問13「理科を指導する必要がなかった年度」の回答から、支援策のパターンを4通りに分類した。

(3)児童質問票の回答(無作為性を確保するため第6学年第1組を対象)

支援策パターン 回答件数 内容
未配置 7,825 平成22年度第6学年・平成21年度第5学年で理科支援員および理科専科が配置されていないと回答した学校の第6学年の児童
専科のみ配置 3,209 平成22年度第6学年・平成21年度第5学年両方、または、どちらかに理科専科が配置されているが、理科支援員はいずれの年度にも配置されていないと回答した学校の第6学年の児童
支援員のみ配置 8,789 平成22年度第6学年・平成21年度第5学年両方、または、どちらかに理科支援員が配置されているが、理科専科はいずれの年度にも配置されていないと回答した学校の第6学年の児童
支援員・専科配置 4,667 平成22年度第6学年・平成21年度第5学年の両方、または、いずれかで理科支援員または理科専科が配置されていると回答した学校の第6学年の児童
円グラフ 調査対象児童の支援策パターン別内訳

図3 調査対象児童(24,490名)の支援策パターン別内訳

※3 学校質問票問6「理科支援員が配置された※4年度と学年」および問7「理科専科が配置された年度と学年」の回答から、支援策のパターンを上記4通りに分類した。

※4 平成22年度に理科支援員として学校で活動した時間数の平均は158.9時間で、担当した学級数の平均は4.9学級であり(平成22年度理科支援員配置事業成果アンケート調査結果、JST)、1学級当たりで約32時間となるが、実際には観察・実験の準備と後片付けや教員との打ち合わせの時間をこれから差し引く必要がある。一方、理科の授業時数は小学校高学年で年間105時間が標準であることから、支援員が配置されている学級においても、児童は必ずしも毎回の理科授業で理科支援員の支援を受けているとは限らない状況である。