JSTトッププレス一覧科学技術振興機構報 第857号 > 参考2
参考2

A−STEP「FSステージ シーズ顕在化タイプ/起業検証タイプ」

平成23年度第2回採択課題の特徴

■FSステージ シーズ顕在化タイプ/起業検証タイプ 平成23年度第2回採択課題

1.技術分野別内訳

(1)シーズ顕在化タイプ
情報通信分野 13件(14%)
装置・デバイス分野 16件(17%)
無機化学分野 11件(12%)
有機化学分野  9件(10%)
アグリ・バイオ分野 15件(16%)
医療技術分野 18件(19%)
創薬分野 12件(13%)

(百分率は、四捨五入のため合計が100とならない)

円グラフ:技術分野別内訳、シーズ顕在化タイプ

(2)起業検証タイプ
情報通信分野 1件(17%)
装置・デバイス分野 1件(17%)
有機化学分野 1件(17%)
アグリ・バイオ分野 1件(17%)
医療技術分野 2件(32%)

円グラフ:

2.採択課題のシーズ元

(1)シーズ顕在化
国立大学法人 60件(64%)
公立大学  8件( 9%)
私立大学  9件(10%)
独立行政法人  9件(10%)
公的機関  1件( 1%)
公設試験研究機関  7件( 7%)

(百分率は、四捨五入のため合計が100とならない)

円グラフ:

(2)起業検証タイプ
国立大学法人 5件(83%)
私立大学 1件(17%)

円グラフ: