JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第842号
科学技術振興機構報 第842号

平成23年10月31日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)
Tel:03-5214-8404(広報ポータル部)
URL http://www.jst.go.jp

シンポジウム『東京電力福島原子力発電所事故への科学者の役割と責任について』の開催

日本学術会議とJST 研究開発戦略センター(CRDS)は、平成23年11月26日(土)に日本学術会議講堂(東京・乃木坂)においてシンポジウム『東京電力福島原子力発電所事故への科学者の役割と責任について』を共同で開催します。

東京電力福島原子力発電所事故への対応において科学者が果たすべき役割は大きく、また、この問題に貢献することは科学者の責任でもあります。長期間を要することになる事故への対応においては、科学者が持つ知識や経験が分野・組織・世代・国を超えて課題の解決に向けて総合的に発揮できる仕組みを構築すること、科学者が市民や国、自治体などのニーズや期待に的確に応えていくこと、科学者が十分な情報を踏まえて対応できるようにすること――などの問題に対し、今後、科学者を含む関係者が一体となって持続的に取り組んでいくことが必須です。

本シンポジウムでは、上記のような視点から、主要学会の会長や米国科学アカデミーの専門家など内外の有識者を招き、講演とパネルディスカッションを通じて、今回の事故への対応についての科学者の役割と責任について議論を深めたいと考えています。

詳細については、下記ホームページを参照してください。

シンポジウムホームページURL: http://www.jst.go.jp/crds/sympo/kagakusya

<開催概要>

日程 平成23年11月26日(土) 午前10時〜午後5時
会場 日本学術会議講堂(東京都港区六本木7−22−34)
主催 日本学術会議、JST 研究開発戦略センター(CRDS)
後援(予定) 日本原子力学会、日本機械学会、日本化学会、土木学会、日本原子力研究開発機構、日本医学放射線学会
定員 300名
参加費 無料
参加申込 下記ホームページよりお申し込みください。
URL:http://www.jst.go.jp/crds/sympo/kagakusya

<添付資料>

別紙:シンポジウム「東京電力福島原子力発電所事故への科学者の役割と責任について」開催概要

<お問い合わせ先>

科学技術振興機構 研究開発戦略センター
〒102-0084 東京都千代田区二番町3
藤田 健太郎(フジタ ケンタロウ)、庄司 真理子(ショウジ マリコ)
Tel:03-5214-7481 Fax:03-5214-7385
E-mail: