JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第780号
科学技術振興機構報 第780号

平成23年1月7日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)
Tel:03-5214-8404(広報ポータル部)
URL http://www.jst.go.jp

産学イノベーション加速事業【戦略的イノベーション創出推進】(S-イノベ)
平成22年度企画調査研究課題の決定について

JST(理事長 北澤 宏一)は、産学イノベーション加速事業【戦略的イノベーション創出推進】(S-イノベ)における平成22年度公募の企画調査研究課題8件を決定しました。

本制度は、JST 戦略的創造研究推進事業(CREST、ERATO、さきがけ、SORST)などの成果から産業創出の礎となる研究開発テーマを設定し、当該テーマの下で公募選定された産学連携による複数の研究開発チームが長期一貫(最長10年、1課題あたりの研究開発費 年間7000万円程度)した研究開発を進めます。なお、本年度の研究開発テーマは裾野が広く、さまざまな支援の可能性があることから、最終的により良い課題を選定するため、本採択課題決定前に企画調査研究(本格的な研究を目指すための絞り込み研究)を実施することとしました(企画調査研究期間中は1課題あたりの研究開発費 上限額2000万円/12ヵ月程度)。

本年度の公募は、研究開発テーマ「高齢社会を豊かにする科学・技術・システムの創成」

について平成22年10月27日(水)から11月26日(金)の期間で行い、54件の応募がありました。

公募締め切り後、研究開発テーマの設定趣旨との整合性や目標・計画の妥当性、産学共同での研究開発体制の妥当性、産業創出の礎となる技術の確立の可能性など――の観点から、プログラムオフィサーによる公正かつ厳正な審査(事前評価)を実施し、8件の企画調査研究課題を採択しました(企画調査研究期間は平成23年12月末まで)。本採択課題の決定にあたっては、企画調査研究の実施結果を新たな産業創出の可能性の点などから評価することにより、本採択課題への絞り込みを行う予定です。

今後、契約などの条件が整い次第、研究開発を開始する予定です。

制度の詳細や研究開発テーマの概要などについては、下記のS-イノベホームページを参照してください。

S-イノベホームページURL: http://www.jst.go.jp/s-innova/

<添付資料>

別紙:産学イノベーション加速事業【戦略的イノベーション創出推進】(S-イノベ)平成22年度企画調査研究採択課題一覧

参考1:産学イノベーション加速事業【戦略的イノベーション創出推進】(S-イノベ)の概要

参考2:産学イノベーション加速事業【戦略的イノベーション創出推進】(S-イノベ)プログラムオフィサー・プログラムオフィサー補佐・アドバイザー一覧

<お問い合わせ先>

独立行政法人 科学技術振興機構 イノベーション推進本部 産学基礎基盤推進部
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
高橋 邦明(タカハシ クニアキ)、河崎 泰介(カワサキ タイスケ)
Tel:03-5214-8475 Fax:03-5214-8496
E-mail: