JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第722号
科学技術振興機構報 第722号

平成22年3月29日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)
Tel:03-5214-8404(広報ポータル部)
URL http://www.jst.go.jp

研究成果最適展開支援事業(A−STEP)
「フィージビリティスタディ(FS)・ステージ」
平成21年度第2回公募における採択課題の決定について

JST(理事長 北澤 宏一)は、研究成果最適展開支援事業(A−STEP)のうち、「フィージビリティスタディ(FS)・ステージ 可能性発掘タイプ(シーズ顕在化/起業検証)」の平成21年度第2回公募における採択課題を「シーズ顕在化」は37件、「起業検証」では5件を決定しました(別紙)。

A−STEPは、従来JSTが実施していた産学共同シーズイノベーション化事業および独創的シーズ展開事業を発展的に再編した技術移転支援事業です。公募窓口を一元化し、FSから企業化開発まで、幅広い研究開発フェーズの特性に対応する複数の支援タイプを用意しています。本事業のFS・ステージ 可能性発掘タイプ(研究開発期間:最長1年、研究開発費:最大1000万円)には、産学共同で企業ニーズにつながるシーズの可能性を検証する「シーズ顕在化」と、起業の可能性を検証する「起業検証」があります。

本年度の第2回公募(全2回)は平成21年7月18日(土)から10月16日(金)までの期間で行い、「シーズ顕在化」には384件、「起業検証」には35件の応募がありました。公募締切後、外部有識者の協力のもと、評価委員会にて課題の独創性(新規性)および優位性、目標設定の妥当性、イノベーション創出の可能性、提案内容の実行可能性などの観点から審査(事前評価)し、その結果をもとに課題を決定しました。

今後、契約などの条件が整い次第、研究開発を開始する予定です。

<添付資料>

別紙: A−STEP「FS・ステージ 可能性発掘タイプ(シーズ顕在化/起業検証)」平成21年度第2回採択課題 一覧

参考1: A−STEP「FS・ステージ 可能性発掘タイプ(シーズ顕在化/起業検証)」について

参考2: A−STEP「FS・ステージ 可能性発掘タイプ(シーズ顕在化/起業検証)」平成21年度第2回採択課題の特徴

参考3: 研究成果最適展開支援事業 全体評価委員会委員 一覧

<お問い合わせ先>

独立行政法人 科学技術振興機構 イノベーション推進本部 産学連携展開部
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
担当:久保 亮(クボ アキラ)、崎原 久義(サキハラ ヒサヨシ)、堀内 正隆(ホリウチ マサタカ)
Tel:03-5214-8994 Fax:03-5214-8999
E-mail: