JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第695号
科学技術振興機構報 第695号

平成21年12月4日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)
Tel:03-5214-8404(広報ポータル部)
URL http://www.jst.go.jp

「地域産学官共同研究拠点整備事業」における採択地域の決定について

JST(理事長 北澤 宏一)は、「地域産学官共同研究拠点整備事業」における採択地域40地域(構想支援地域28地域、基盤形成支援地域12地域)を決定しました(別紙1)。

本事業は、地域における産学官連携の取り組みを加速するための平成21年度の補正予算によるものです。JSTに設置された外部有識者からなる「産学官イノベーション創出拠点推進委員会」(委員長:有馬 朗人 (財)日本科学技術振興財団理事長)によって策定された基本方針とそれに基づく公募要領に従って募集・選考が進められました。

地域の構想・計画の募集は平成21年7月31日(金)から8月20日(木)に行い、外部専門家からなる「産学官イノベーション創出拠点審査専門委員会」(以下「審査委員会」、別紙2)(委員長:木村 孟 元 (独)大学評価・学位授与機構 機構長)による書面審査およびヒアリング審査が行われました。その後、補正予算の見直しに伴う新たな方針を踏まえて平成21年10月30日(金)から11月20日(金)に地域から提案の修正を受け付けたところ、最終的に45地域から修正提案があり、審査委員会において修正提案にかかる審査が実施されました。

審査委員会における審査において、各地域の構想を厳正に審査した結果、大きく次の2つの形で採択が決定されました。

1.構想支援地域

地域構想の全体が優れており、産学官共同研究による成果が期待できるため、その構想の実現を総合的に支援する必要があると評価された地域が、構想支援地域として28地域採択されました。

2.基盤形成支援地域

地域構想の中で地域において実績がある研究テーマなどに限定して、そのために必要な研究設備を整備することが将来的発展の基盤を形成することにつながると評価された地域が、基盤形成支援地域として12地域採択されました。

JSTとしては、本事業による地域産学官共同研究拠点が地域における産学官連携の発展にむすびついていくよう取り組みます。

今後、採択地域と協定書を締結し、研究設備の整備を開始する予定です。

事業の詳細については、下記の事業ホームページをご覧ください。

地域産学官共同研究拠点整備事業ホームページURL: http://www.jst.go.jp/innovekyoten/

<添付資料>

別紙1:「地域産学官共同研究拠点整備事業」採択地域 一覧

別紙2:「産学官イノベーション創出拠点審査専門委員会」委員名簿

<お問い合わせ先>

独立行政法人 科学技術振興機構 産学官イノベーション創出拠点推進部
〒102-0076 東京都千代田区五番町5−1 JS市ヶ谷ビル5F
大塚 進(オオツカ ススム)、太田 三晴(オオタ ミツハル)、高橋 勝彦(タカハシ カツヒコ)
Tel:03-3238-7682 Fax:03-3238-5373