JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第625号
科学技術振興機構報 第625号

平成21年3月27日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)
Tel:03-5214-8404(広報課)
URL http://www.jst.go.jp

J−GLOBAL(科学技術総合リンクセンター)試行版(β版の)公開について

 JST(理事長 北澤 宏一)は、平成21年3月30日正午より、J-GLOBAL(科学技術総合リンクセンター)の試行版(β版)を公開します。
 J-GLOBALは、「つながる、ひろがる、ひらめく」をコンセプトに、これまでバラバラに存在していた科学技術情報をつなぎ、発想を支援する新しいサービスです。
 J-GLOBALは、平成19年度より開始した科学技術情報連携活用推進事業の中核的な仕組みとして構築されているもので、JSTはJ-GLOBALを介して、JST内外のさまざまな専門的サービスと連携し、質の高い科学技術情報をより効果的に流通させることで、日本のイノベーション創出に貢献することを目指しています。
 今回サービスを開始するJ-GLOBALのβ版は、インターネットに接続できる環境と対応ブラウザがあれば、以下のURLから誰でも自由に無料で利用することができます。
 主な利用局面としては、産学連携や研究開発の計画立案時における課題探索(抽出)や課題解決のためのヒント探しなどで、分野や業種を越えた知や意外な発見が必要になるようなときを想定しています。
 β版では、さまざまな科学技術情報をつなぐ共通のキーとして、JSTがこれまで体系的に整備してきた文献の書誌情報(平成15年以降の約600万件)や研究者情報(国内の大学・研究所などに所属する約20万人)、科学技術用語の辞書(JSTが文献をもとに整備した同義語などの見出し約15万語)などの他、特許庁が発行する公開公報の書誌情報(平成16年以降の約200万件)などを相互に関連付けて登載しています。またこれらの登載情報をもとに、JST内外のさまざまな科学技術情報とリンクしています。
 今後は、β版をご利用者いただいた方々の声を踏まえ、登載情報の充実や情報間の関連付け精度向上、分析可視化などの機能拡張、他機関との連携強化などに努めていく予定です。

J-GLOBAL試行版(β版)URL:http://jglobal.jst.go.jp/
(平成21年3月30日正午より公開)

<お問い合わせ先>

独立行政法人 科学技術振興機構 研究基盤情報部 情報整備課
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
担当:加藤 治(カトウ オサム)、松邑 勝治(マツムラ カツジ)、黒沢 努(クロサワ ツトム)
Tel:03-5214-8471 Fax:03-5214-8470 E-mail: