JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第545号
科学技術振興機構報 第545号

平成20年8月6日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)
Tel:03-5214-8404(広報課)
URL http://www.jst.go.jp

戦略的国際科学技術協力推進事業「日本−フランス(ANR)研究交流」における
平成20年度新規課題の決定について

 JST(理事長 北澤 宏一)は、戦略的国際科学技術協力推進事業「日本−フランス研究交流」注1)において、フランス国立研究機構(ANR)注2)と共同で「コンピュータサイエンスを含む情報通信技術」分野における研究交流課題の募集および審査を行い、平成20年度新規課題を決定しました(別紙)
 今回、JSTとANRとの間で、平成20年1月7日から2月28日までの間、上記分野における新規課題の募集を共同で行ったところ、5件の応募がありました。その後、各応募課題について同分野を専門とするJSTの国際科学技術協力推進委員による審査およびフランスとの協議を実施した結果、両国間で採択に値するとの評価が一致した1件の課題を採択することとなりました。
 JSTでは、平成15年度から「戦略的国際科学技術協力推進事業」として、政府間合意などに基づき、文部科学省が特に重要なものとして設定した協力対象国・分野における日本と他国の研究者との活発な研究交流を通じて、日本の科学技術のさらなる発展に貢献しており、フランスのほかにすでに欧米やアジア、アフリカにおける10ヵ国との研究交流を支援しています。
 フランスとの協力では、平成16年11月に開催された第6回日仏科学技術協力合同諮問委員会の科学技術分野における両国間協力発展の提言を受けて翌年、「コンピュータサイエンスを含む情報通信技術」分野が文部科学省により設定されています。同分野で、JSTはすでにフランス国立科学研究センター(CNRS)注3)との間で平成17〜19年度にわたり研究交流課題の募集を行いましたが、平成19年度から新たにANRと同分野における研究交流を進めることになり、今回が最初の新規課題採択となります。


注1) 戦略的国際科学技術協力推進事業「日本−フランス研究交流」
 JSTでは、上述した「コンピュータサイエンスを含む情報通信技術」分野に加えて、平成20年度から文部科学省が新たに設定した「ライフサイエンス」分野の研究交流課題の募集もJST−CNRS間で行っています。
 「ライフサイエンス」分野は、平成18年3月の第6回日仏科学技術協力合同委員会や平成19年2月の第7回日仏科学技術協力合同諮問委員会で両国間の協力推進の必要性について合意したことを踏まえて、設定されました。

注2) フランス国立研究機構(ANR)
 平成17年3月に公益団体(平成19年1月に公的法人化)として設立された公的資金配分機関で、フランスにとって優先研究分野に属する研究課題を振興・支援しています。

ホームページURL : http://www.agence-nationale-recherche.fr/

注3) フランス国立科学研究センター(CNRS)
 昭和14年に設立された高等教育研究省 研究担当部局の管轄下にあるフランス最大の基礎研究機関で、社会科学も含む科学技術全般にわたる研究を実施しています。

ホームページURL : http://www.cnrs.fr/

<添付資料>

別紙:平成20年度「日本−フランス(ANR)研究交流」採択課題
参考:平成20年度「日本−フランス(ANR)研究交流」採択に関して

<お問い合わせ先>

独立行政法人 科学技術振興機構 国際部
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
担当:愛宕 隆治(アタゴ タカハル)、山村 将博(ヤマムラ マサヒロ)
Tel:03-5214-7375 Fax:03-5214-7379 E-mail: