JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第347号
科学技術振興機構報 第347号

平成18年9月29日

東京都千代田区四番町5−3
科学技術振興機構(JST)
電話(03)5214-8404(総務部広報室)
URL http://www.jst.go.jp/

平成18年度「地域結集型研究開発プログラム」
新規課題の選定について

 JST(理事長 沖村憲樹)は、「地域結集型研究開発プログラム」の平成18年度新規課題を選定いたしました。
 本プログラムは、都道府県及び政令指定都市が中心となって産学官連携による研究開発を実施するものであり、地域の科学技術を振興するために、平成18年3月28日に閣議決定された「第3期科学技術基本計画」に基づいた国が研究開発を推進すべき分野(別紙1)のうち地域として企業化の必要性の高い分野の個別的研究開発課題について、地域の大学・公的研究機関・R&D型企業等が結集し、当該地域が準備するコア研究室を中心に産学官が連携した共同研究活動を行うことで、研究成果の創造や育成を図るものです。5年間のプログラム実施期間中に、大学等の基礎的研究により創出された技術シーズを基にした試作品の開発等を目指し、新技術・新産業の創出に資する企業化に向けた研究開発を実施します。
 今年度の課題の選定にあたっては、7課題(7地域)の応募があり、プログラムオフィサー及び「地域振興事業評価アドバイザリボード」(別紙2)において、新規実施課題の選定に関する評価(事前評価)を行いました。その結果に鑑み、JSTは以下の2課題を平成18年度からの新規実施課題に決定しました。なお、新規実施課題についての評価結果は(別紙3)のとおりです。

 ■新規実施課題
東京都: 『都市の安全・安心を支える環境浄化技術開発』
【環境】
熊本県: 『次世代耐熱マグネシウム合金の基盤技術開発』
【ナノテクノロジー・材料、ものづくり技術、環境】

別紙1  地域結集型研究開発プログラムについて
別紙2  地域振興事業評価「アドバイザリボード」PO及びアドバイザー名簿
別紙3 平成18年度申請課題に関する評価結果
参考 前回までの採択地域及び課題(平成18年9月1日現在)

<お問合わせ先>

独立行政法人 科学技術振興機構
産学連携事業本部 地域事業推進部 地域支援課  水野充、金子健司
TEL:03-5214-8448(直通) Fax:03-5214-8487