JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第228号
科学技術振興機構報 第228号

平成17年11月18日

東京都千代田区四番町5−3
科学技術振興機構(JST)
電話(03)5214-8404(総務部広報室)
URL http://www.jst.go.jp

蛋白質セラピー法を応用した医薬品・化粧品などの
開発・製造および販売を行うベンチャー起業設立

−JSTプレベンチャー制度の研究開発成果を事業展開−

 JST(理事長 沖村憲樹)では、平成11年より大学等の研究成果をベンチャービジネスにつなげていくための起業化に向けた研究開発を行うプレベンチャー事業を実施してきました。
 この度、プレベンチャー事業において平成13年度より開始した研究開発課題「蛋白質セラピー法を応用した細胞機能解析試薬と抗腫瘍剤」の研究開発チーム(リーダー:松井秀樹 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 教授、サブリーダー:鈴木 隆)のメンバーが出資して、ベンチャー企業 有限会社プロテオセラピー(代表取締役:鈴木 隆、本社:千葉県山武郡大網白里町、資本金300万円)を平成17年8月18日に設立しました。当該企業の設立により平成13年度採択10課題全てにおいてベンチャー企業が設立されました。
 生体に有用な物質を疾患治療等に応用する場合に、試験管内では有効性が高く非常に期待された有用物質であっても、細胞や組織を透過できないため、生体には有効性が十分発揮されないケースがこれまで数多く存在しました。
 本チームは、物質の侵入に対して強固なバリアーを形成している細胞膜を自由に通過できるオリゴペプチドシグナルを開発したことにより、数多くの有用物質を生体組織および細胞に効率よく送り込む技術(蛋白質セラピー法)の開発に成功しました。この技術を用いて、現在治療薬の無い難病にアプローチし、疾患モデル動物において効果的治癒結果を得ています。また、この技術を応用して塗布にて利用可能な皮膚美白剤の開発も行いました。
 同社では、現在疾患モデル動物において、良好な治療結果を得ている医薬候補品や美白剤の安全性および安定性試験を実施した後、本格的臨床試験を実施し、商品化を目指します。医薬品や研究試薬などの開発を行いながら、当面は、美白剤の商品化に注力し、平成20年までに3億円の年間売り上げを目指します。
 今回の有限会社プロテオセラピー設立により、当事業によって設立したベンチャー企業は36社となりました。

■企業概要
■事業形態
■開発した技術の概要
■開発製品例の効能

<本件お問い合わせ先>

独立行政法人科学技術振興機構
産学連携事業本部 技術展開部 新規事業創出課
米谷・粂田(電話03−5214−0016)