科学技術振興機構報 第207号

平成17年8月30日

東京都千代田区四番町5−3
独立行政法人科学技術振興機構
電話(03)5214-8404(総務部広報室)
URL http://www.jst.go.jp

平成17年度「独創的シーズ展開事業 委託開発」の第2回募集について

 JST(理事長 沖村憲樹)は、平成17年度「独創的シーズ展開事業 委託開発」の第2回課題募集を平成17年9月1日(木)から開始します。
 委託開発は、国民経済上重要な科学技術に関する研究及び開発の成果であって、特に企業化が困難なものを新技術開発課題として選定し、企業等に委託して企業化開発(以下「開発」という。)を実施することにより、当該新技術の技術移転による企業化を促進することを目的としております。概要については、下記をご参照下さい。

■ 概要

 新技術をもとに、開発実施企業に開発費を支出し、企業化開発(以下「開発」という)が成功の場合、開発費の返済(無利子)を求め、不成功の場合は返済を求めないことで、機構が開発のリスク負担を行って、新技術の開発を促進するもの。

■ 応募対象者

 開発実施企業が新技術の所有者(新技術の所有者に大学、独立行政法人等公的研究機関又は前記機関に属する個人が含まれていることが必要)と連名で申請。

■ 開発費

 1課題当たり企業化最小規模で1〜20億円(開発期間2〜7年程度)

■ 募集締切

 平成17年10月31日(月)(当日消印有効)

■ 募集説明会の予定

開催地 日時 場所
東京 平成17年 9月13日(火) 10:00〜12:30 第1回
平成17年 9月13日(火) 14:00〜16:30 第2回
平成17年10月 4日(火) 14:00〜16:30 第3回
JST東京本部
サイエンスプラザJSTホール
大阪 平成17年 9月12日(月) 14:00〜16:30 大阪科学技術センター
札幌 平成17年 9月29日(木) 14:00〜16:00 JST研究成果活用プラザ北海道
名古屋 平成17年 9月30日(金) 14:00〜16:00 JST研究成果活用プラザ東海
福岡 平成17年10月 5日(水) 14:00〜16:00 JST研究成果活用プラザ福岡

■ 内容についての問い合わせ先

 JST 産学連携事業本部 開発部 開発計画課
 TEL 03-5214-8994 FAX 03-5214-8999 E-mail
 http://www.jst.go.jp/itaku/

■ 募集内容の概要

委託開発の平成17年度第2回募集の内容について

目的 大学、独立行政法人等の公的な研究機関での研究成果の企業化開発
申請者 新技術の所有者と開発実施企業の連名で申請
(新技術の所有者に大学、独立行政法人等公的な研究機関又は当該機関に属する個人が含まれていることが必要)
技術分野 ライフサイエンス、情報通信、環境、ナノテクノロジー・材料、エネルギー、製造技術、社会基盤、フロンティア、その他
開発委託の要件 開発費の支出額 1〜20億円程度
(企業化開発の最小規模、返済が可能な規模)
開発期間 2〜7年程度
開発成功の場合 開発費の返済 返済方法 一般企業 中堅中小企業
(資本金10億円以下)
新規企業
(設立登記後5年以内)
8年以内の年賦返済 1/2は8年以内の年賦返済
1/2は15年以内の売上見合返済(注)
15年以内の売上見合返済(注)
担保 ・不動産、有価証券又は銀行等の連帯保証
・開発費の1/2を上限に開発に係る特許権等の設定も可(注)
・不動産、有価証券又は銀行等の連帯保証
・開発に係る特許権等の設定も可(注)
(注) 開発成功認定の日以降1年以内に成果実施契約の締結が条件
実施料 新技術の所有者と開発実施企業の意向を踏まえて決定
(ガイドラインは、対象製品の売上高の3%程度)
優先実施期間 原則5年とするが、原権利者と開発企業の意向を踏まえて決定
開発不成功の場合 開発不成功の場合返済不要

■ 公募要領、申請書のダウンロードページ

 公募要領→http://www.jst.go.jp/itaku/oubo.html
 申請書類作成要領→http://www.jst.go.jp/itaku/oubo-2.html