JSTトッププレス一覧科学技術振興機構報 第1252号 > 別紙
別紙

「大学発ベンチャー表彰」実施について

1.大学発ベンチャー表彰とは

「大学発ベンチャー表彰 ~Award for Academic Startups~」は、今年度で4回目を迎える表彰制度です。

大学など注1)の成果を活用して起業したベンチャーのうち、今後の活躍が期待される優れた大学発ベンチャーを表彰するとともに、特にその成長に寄与した大学や企業などを表彰します。

本表彰は、大学などにおける研究開発成果を用いた起業および起業後の挑戦的な取り組みや、大学や企業などから大学発ベンチャーへの支援などをより一層促進することを目的としています。また本年は、経営者が40歳未満注2)かつ設立後3年以内注3)の企業のうち、大きな活躍が期待できる大学発ベンチャーを表彰する「アーリーエッジ賞」を新設し、 若手経営者のよりアーリーなステージの企業にフォーカスしました。

注1) 大学など
国公私立大学、高等専門学校、国立試験研究機関、公立試験研究機関、国立研究開発法人、公益法人等の非営利法人を指す。
注2) 平成29年4月1日現在
注3) 平成26年4月1日以後設立の企業

2.表彰対象

大学発ベンチャー注4)とあわせて、特にその成長に寄与した機関(研究開発成果を創出した大学、支援および協力した企業など)がある場合には、それらの機関も表彰します。
ただし、アーリーエッジ賞については、表彰対象を経営者が40歳未満かつ設立後3年以内の大学発ベンチャーとその支援大学、支援企業を対象とします。

 

注4) ここでは、下記のいずれかに該当する企業を「大学発ベンチャー」と定義します。
  • ⅰ) 大学等の特許を活用して起業したベンチャー企業
    但し、起業時点では上記に該当していないが設立後5年以内に大学等から技術移転を受けたベンチャー企業も含みます。
  • ⅱ) 特許以外の大学等の研究成果を活用して起業したベンチャー企業
    (特許は取得していないものの、大学等におけるアイディアやノウハウをもとに起業したベンチャー企業)
    但し、起業時点では上記に該当していないが設立後5年以内に大学等と共同研究等を行った成果を活用したベンチャー企業も含みます。
  • ⅲ) 教職員・学生等による人材移転型ベンチャー企業
  • ⅳ) 大学等が出資・経営支援したベンチャー企業

3.表彰

・文部科学大臣賞(1社)   賞状および副賞として賞牌を贈呈
・経済産業大臣賞(1社)  賞状および副賞として賞牌を贈呈
・科学技術振興機構理事長賞(1社) 賞状および副賞として賞牌を贈呈
・新エネルギー・産業技術総合開発機構理事長賞(1社) 賞状および副賞として賞牌を贈呈
・日本ベンチャー学会会長賞(1社) 賞状および副賞として賞牌を贈呈
・アーリーエッジ賞(1社) 賞状および副賞として賞牌を贈呈

※その他、大学発ベンチャー表彰特別賞が授与される場合があります。

4.応募要件

5.応募方法

推薦または自薦

6.応募期間

平成29年4月26日(水)~6月5日(月)正午 締め切り *JST必着

7.応募資料ダウンロード

大学発ベンチャー表彰ホームページ(http://www.jst.go.jp/aas/)より、「応募要項」 および「応募様式」をダウンロードできます。

8.受賞者発表

受賞者の発表は、平成29年8月中旬を予定しています。
受賞者および受賞内容については、大学発ベンチャー表彰のホームページ(http://www.jst.go.jp/aas/)などで発表します。

9.表彰式

<開催日> 平成29年8月31日(木)

<会 場> 東京ビックサイト(東京都江東区有明3-11-1)

表彰式は、「イノベーション・ジャパン2017」内の開催を予定しております。

10.主催

科学技術振興機構
新エネルギー・産業技術総合開発機構

11.後援(予定)

文部科学省、経済産業省、日本ベンチャー学会、全国地方新聞社連合会

<お問い合わせ先>

科学技術振興機構 産学共同開発部 起業支援室
担当:朝賀、元島
〒102-0076 東京都千代田区五番町7 K’s五番町
Tel:03-6380-9014 Fax:03-5214-0017
E-mail: