JSTトッププレス一覧科学技術振興機構報 第1212号 > 参考1
参考1

研究成果展開事業(産学共創基礎基盤研究プログラム)の概要

研究成果展開事業(産学共創基礎基盤研究プログラム)は、日本の産業競争力の強化および基礎的な研究の活性化を目指す、競争的資金制度です。

本プログラムでは、企業ではできない、大学・公的研究機関などによる基盤的な研究を推進し、産業界に共通する技術的課題「技術テーマ」の解決に資する成果を得ることを目指します。

また、産と学の対話の場である「産学共創の場」を構築し、研究の進捗状況や成果創出状況を議論することによって、産業界の視点や知見を基礎的な研究での取り組みにフィードバックし、「技術テーマ」の解決を加速します。

本プログラムでは、産業界サイドにも場の運営に積極的に関わっていただき、企業関係者による研究開発への関与や企業の研究設備、施設の活用など、民間リソースの積極的活用を推進します。

1.「技術テーマ」とは

※ 1テーマにつき最長10年程度の支援を想定しています。

2.プログラムの流れ

  1. ①「技術テーマ」の決定
    産業界から「技術テーマ」の提案を募ります。JSTによる調査や外部有識者で構成される委員会(産学共創基礎基盤研究推進委員会)での審議を経て、「技術テーマ」とその運営の責任者であるプログラムオフィサー(PO)を決定します。
  2. ②研究課題の募集・採択
    決定された「技術テーマ」ごとに、大学・公的研究機関などの研究者を対象に研究課題を募集し、「技術テーマ」の解決に資する研究課題を採択します。
  3. ③研究実施と「産学共創の場」の構築
    採択された研究課題における研究を実施するとともに、産学が対話する「産学共創の場」を構築します。
プログラムの仕組みと流れ

図 プログラムの仕組みと流れ

3.研究課題の研究期間および研究費

4.事業推進上のPOの位置付け

5.プログラムの概要、POによる募集・選考・技術テーマ運営にあたっての方針などについては、下記のホームページを参照してください。

産学共創基礎基盤研究プログラム ホームページURL:http://www.jst.go.jp/kyousou/