JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第1172号
科学技術振興機構報 第1172号

平成28年3月25日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)

平成28年度新規事業
「産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム」の募集について

JST(理事長 濵口 道成)は、平成28年度の新規事業である「産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム」の募集を開始します。公募期間は3月25日(金)から6月6日(月)正午です。

本プログラムでは、産業界との協力の下、大学等が知的資産を総動員し、新たな基幹産業の育成に向けた「技術・システム革新シナリオ」の作成と、それに基づく学問的挑戦性と産業的革新性を併せ持つ非競争領域での「本格的な共同研究」を通して、基礎研究や人材育成における産学パートナーシップを拡大し、日本のオープンイノベーションを加速することを目指します。

上記の趣旨に基づき、企業だけでは解決できない大学等の基礎的・基盤的研究を必要とし、新たな基幹産業の育成の核となる革新的技術の創出を目指した、学問的挑戦性と産業的革新性を併せ持つ研究領域の提案を公募します。

本プログラムでは、大学等および民間企業がプラットフォームを担う「共創コンソーシアム」を形成し、研究領域における研究開発を推進します。また、本プログラムは、企業からの民間資金を活用したマッチングファンド形式の研究開発プログラムであり、企業には、大学等における基礎研究の企画から参画し、研究費および博士課程学生などの人件費などの拠出を通じた本格的な産学共同研究を推進していただきます。

申請された提案は、外部の有識者を含む委員会で審査し、7月下旬には研究領域・共創コンソーシアムを採択する予定です。事業の開始は8月以降を予定しています。

支援規模は研究領域あたり1.7億円程度/年度、支援期間は5年度です。採択予定の研究領域は4件程度の予定です。

募集の詳細については、別紙および本プログラムのホームページを参照してください。
産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム URL: http://www.jst.go.jp/opera/

なお、本公募は平成28年度政府予算の成立を前提としているため、予算の成立状況によっては、実施スケジュール・実施内容等、変更・調整が必要となる場合がありますのであらかじめご了承ください。

<添付資料>

別紙:「産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム」の公募の概要

<お問い合わせ先>

科学技術振興機構 イノベーション拠点推進部 共創プラットフォーム担当
〒102-0076 東京都千代田区五番町7 K’s五番町
蒋 赫(ショウ カク)、佐藤 比呂彦(サトウ ヒロヒコ)、松永 光正(マツナガ テルマサ)
Tel:03-5214-7997 Fax:048-226-5684
E-mail: