JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第1132号
科学技術振興機構報 第1132号

平成27年9月30日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)

サイエンスアゴラ2015 10周年記念年次総会の開催について

JST(理事長 中村 道治)は、平成27年11月13日(金)より15日(日)の日程で、「サイエンスアゴラ2015」を東京都のお台場地区で開催します。

サイエンスアゴラは、子ども向けの理科実験、トップ科学者との対話、市民参加の科学討論など、誰もが参加でき、科学と社会の関係を深める日本最大級の科学フォーラムで、政治家、行政、マスコミ、産業界、研究者、その他一般の方々など、あらゆる人に開かれた科学と社会をつなぐ広場です。

10回目の開催となる今年からビジョンとして「つくろう、科学とともにある社会」を掲げました。科学とともにある社会をつくろうと「行動している人」が集まり、お互いの活動に関心を持ち、仲間を募り、それぞれの活動を発展させていく場として、さらにはこれから「行動を起こそうとしている人」を巻き込み、サイエンスアゴラで新しい価値が生まれ続けることを目指します。

過去最高の参加者数となった昨年の約1万人を超える来場を期待し、昨年に続いて会期を3日間とし、平日も含んだ開催日程としました。国際光年など今年ならではのテーマや10周年を記念する数々のセッションを企画しています。その他、一般公募を含む、約200の多種多様な企画が出展される予定です。

<開催概要>

日程 平成27年11月13日(金)〜11月15日(日)
場所 日本科学未来館、産業技術総合研究所 臨海副都心センター、東京都立産業技術研究センター、東京国際交流館、フジテレビ湾岸スタジオ、シンボルプロムナード公園(以上、いずれも東京都・お台場地区)
主催 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)
参加費

無料(一部企画で材料費などの実費を徴収することがあります。なお、 日本科学未来館の常設展示見学は通常どおり有料です。)

参加方法 当日参加自由ですが、来場事前登録を9月30日より下記ウェブサイトで受け付けます。一部、事前参加登録が必要な企画があります。各企画の事前参加登録の有無や登録方法はウェブサイトでご確認ください。
サイエンスアゴラ ホームページ
http://www.jst.go.jp/csc/scienceagora/
共催・協力 日本学術会議、国立研究開発法人 産業技術総合研究所、地方独立行政法人 東京都立産業技術研究センター、独立行政法人 日本学生支援機構、国際研究交流大学村、東京臨海副都心グループ、株式会社フジテレビジョン
協賛 EuroScience、株式会社KADOKAWA、株式会社角川アップリンク
後援 内閣府、外務省、文部科学省、独立行政法人 国立科学博物館、独立行政法人 日本学術振興会、国立研究開発法人 理化学研究所、国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構、国立研究開発法人 海洋研究開発機構、国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構、大学共同利用機関法人 自然科学研究機構 国立天文台、臨海副都心まちづくり協議会、一般社団法人 日本経済団体連合会、公益財団法人 日本科学技術振興財団・科学技術館、東京都教育委員会、埼玉県教育委員会、神奈川県教育委員会、千葉県教育委員会、全国中学校理科教育研究会、全国科学博物館協議会、全国科学館連携協議会、日本科学技術ジャーナリスト会議、一般社団法人 日本サイエンスコミュニケーション協会、公益社団法人応用物理学会、公益社団法人日本化学会

<添付資料>

別紙:サイエンスアゴラ2015 10周年記念年次総会「つくろう、科学とともにある社会」

参考:同時開催イベント「セーフティ グッズ フェア with サイエンスアゴラ2015」

<お問い合わせ先>

科学技術振興機構 科学コミュニケーションセンター
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
金子 恵美(カネコ エミ)、嶋田 一義(シマダ カズヨシ)、小長谷 幸(コバセ ユキ)
Tel:03-5214-7625 Fax:03-5214-8088
E-mail: