JSTトッププレス一覧科学技術振興機構報 第1131号 > 参考2
参考2

平成27年度に新規技術シーズの評価を実施する事業プロモーターユニット一覧

(代表実施機関 開始年度ごとに五十音順)

代表実施機関・
(共同実施機関)
代表事業
プロモーター
開始年度 事業プロモーターユニットの特徴
ウエルインベストメント株式会社 代表取締役社長
瀧口 匡
平成24年度 早稲田大学の研究会を発祥として、約20年間にわたり大学等が有する「知」の事業化に取り組んできた経験と実績を生かし、独自の評価に基づく事業の成長戦略の立案、国内外のネットワークの活用、インキュベーション・プログラムを活用した人材育成を通して、独自性のある事業育成を行う。
株式会社ジャフコ 投資部 産学連携投資グループリーダー・ライフサイエンス投資グループリーダー
原田 謙治
平成24年度 大学発ベンチャー黎明期からの豊富な事業立上げ経験、幅広い顧客・提携先・専門家ネットワークを生かした助言と事業育成を行う。実施機関による組織的な経営支援、実施機関運営ファンドをもつ豊富な成長資金の提供により、海外市場へ展開する日本発の技術ベンチャー創出を目指す。
DBJキャピタル株式会社 取締役
山口 泰久
平成24年度 シード・アーリー段階の豊富な支援経験を生かし、事業化支援ネットワークと人材育成プラットフォームの運用により、インキュベーションモデル、技術インテグレーションモデル、知財プールモデルの3つのアプローチを通じた事業確立を目指す。
株式会社東京大学エッジキャピタル 代表取締役社長・マネージングパートナー
郷治 友孝
平成24年度 各分野での経験・専門知識を生かした技術シーズの発掘・支援を行うとともに、研究開発の成果を、事業化にとって適切な特許ポートフォリオ群として構築することを重視しつつ、研究者・起業家と協働しながらプロジェクトの育成を図る。
日本戦略投資株式会社
(共同実施機関:中部テクノロジーシード株式会社、先端科学技術エンタープライズ株式会社)
代表取締役
佐々木 美樹
平成24年度 事業および投資経験豊かなチームが、つくば地域を中心としつつも全国規模でのシーズに対応。その豊富な海外ネットワーク、グループ投資育成会社や関連シード投資ファンドも活用しながらシームレスな事業育成を目指す。
バイオ・サイト・キャピタル株式会社 代表取締役
谷 正之
平成24年度 バイオ・ライフサイエンス分野に特化したインキュベーションの経験とノウハウにより、大学等の優れた技術シーズからプラットフォームとなり得る技術を発掘する。専門性の高い外部協力機関も活用し、強いベンチャー企業の育成を図る。
ウォーターベイン・パートナーズ株式会社 代表取締役パートナー
黒石 真史
平成25年度 ライフサイエンス分野における大学発ベンチャーなどに創業期から当事者として深く関与した実績を生かし、「研究開発から上市までのプロセス」を念頭に、専門性を備えた実務家ネットワークを活用しながら、研究開発の推進、事業体の設立とその成長まで一貫して関わることで、プロジェクトの最適な育成を図る。
360ipジャパン株式会社 取締役
中野 讓
平成25年度 幹細胞再生医療、新エネルギー、ナノテクなどの特に日本が得意とする最先端技術をテーマとして設定し、それら先端技術商業化に高い専門性を持つプロモーターおよびグローバルな支援機関でユニットを組織。独自の技術・知財の商業化手法(分析・評価・商業化提案・事業育成)を大学等の本格研究開発に反映し世界市場を見据えた技術ベンチャーを育成する。
野村ホールディングス株式会社 野村證券株式会社金融公共公益法人部 次長
M田 隆徳
平成25年度 グループ各社がもつ機能および全国・グローバルなネットワークを活用する。事業化テーマから有力な大学の研究・技術シーズを見出し、事業化開発計画と研究者の知的財産を融合した共同事業化モデルによって事業育成を目指す。
株式会社ファストトラックイニシアティブ 代表取締役
木村 廣道
平成25年度 ライフサイエンスのバックグラウンドと医療産業の事業経験を有したメンバーによる専門性と経験に裏打ちされた確度の高い事業育成を特徴とする。経営、事業全般にわたる徹底的なハンズオン支援により多くのベンチャー企業を育成しIPO、M&Aに導いた経験と実績、そしてグローバルに広がる産官学のネットワークを駆使して、大学発シーズの発掘、育成を図る。
株式会社ケイエスピー 代表取締役社長
内田 裕久
平成26年度 日本で最初の研究開発型インキュベーターとしての実績と経験を生かし、ポテンシャルの高い大学の技術シーズの事業化を目指す。産学連携機関や外部専門機関と連携の上、技術シーズの発掘、技術シーズ評価、研究開発マネジメントなどを進め、ハンズオン支援による事業育成を行う。
MedVenture Partners株式会社 代表取締役社長
大下 創
平成26年度 日米、特にシリコンバレーでの豊富な医療機器ベンチャーへの投資実績およびインキュベーション経験、日本の臨床現場・医学研究の経験およびグローバルネットワークを通じて、日本における医療機器のインキュベーション環境と日本の医療機器の産業基盤の発展に貢献する。