科学技術振興機構報 第11号
平成15年11月11日
埼玉県川口市本町4−1−8
独立行政法人 科学技術振興機構
電話(048)226-5606(総務部広報室)
URL:http://www.jst.go.jp/

「大学発ベンチャー創出事業」

平成15年度採択課題を決定

 独立行政法人 科学技術振興機構(理事長 沖村 憲樹)は、「大学発ベンチャー創出事業」における平成15年度の新規採択課題13件を別紙1のとおり決定いたしました。
 本事業は、大学等(注1)の研究成果を基にした起業が実現されるために必要な研究開発を推進することにより、大学発ベンチャーが創出され、これを通じて大学等の研究成果の社会・経済への還元を推進することを目的としています。
 今年度の募集は平成15年6月30日(月)(募集案内 http://www.jst.go.jp/pr/report/report331/)に開始し、平成15年8月8日(金)に締め切り、103件の応募がありました。
 学識経験者から構成される評価委員会(別紙2:委員長 澤岡昭 大同工業大学学長)において、課題の新規性及び優位性、研究開発計画の妥当性、起業の可能性・起業までの事業計画の妥当性、新規事業創出の効果、これらを評価項目として課題の選考を進め(参考1)、このたび機構が決定しました。今後、契約などの条件が整い次第、研究開発実施に着手する予定です。
本件に関するお問い合わせは、技術展開部新規事業創出室の斎藤隆行または米谷雅之までご連絡下さい。(: 03-5214-0016)

(注1) 「大学等」とは、国公私立大学、高等専門学校、国立試験研究機関、公立試験研究機関、研究開発を行っている特殊法人、独立行政法人です。

添付一覧
(別紙1)大学発ベンチャー創出事業 平成15年度採択課題・提案者一覧
(別紙2)大学発ベンチャー創出事業 評価委員会委員一覧
(参考1)応募から採択までの経緯
(参考2)研究開発課題の概要

■ 戻る ■


This page updated on November 11, 2003

Copyright©2003 Japan Science and Technology Agency.