JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第1099号
科学技術振興機構報 第1099号

平成27年4月23日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)

研究倫理映像教材「THE LAB」日本語版のオンライン公開について

JST(理事長 中村 道治)は、米国保健福祉省 研究公正局(ORI)作成の研究倫理映像教材「THE LAB」の日本語版を作成し、インターネットを通じて公開しました(別紙)。

近年、日本では科学研究の信頼性を大きく揺るがすような研究活動の不正行為が発生しています。そのような不正行為を未然に防ぐため、文部科学省が平成26年8月に策定した「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」では、大学などの研究機関での研究倫理教育を確実に実施することが求められています。

JSTではこれまで資金配分機関として、プロジェクトに参画する研究者への研究倫理に関するe−ラーニング教材の受講の義務化、研究者、研究支援者、研究機関の事務担当者などに対する研究倫理講習会の開催、研究倫理教材のオンライン提供を行っています。加えて、本年度より公正な研究活動を推進するため、文部科学省や他の公的研究資金配分機関と連携し、各研究機関において研究倫理教育が着実に行われるよう支援を行う研究公正推進事業を開始しました。

この度、JSTでは本事業の一環として研究倫理教育の充実を図るため、米国保健福祉省 研究公正局(ORI)よりライセンスを受け、ORI作成の映像教材「THE LAB」日本語版を作成(日本語監修 金沢工業大学 科学技術応用倫理研究所 札野 順 所長(JST 研究倫理アドバイザー))し、インターネット(http://lab.jst.go.jp/index.html)で公開することとしました。

この教材は倫理的な判断能力や問題解決能力を身につけることができるバーチャル体験学習型教材で、米国では既にスペイン語版と中国語版も公開され研究倫理教育に活用されています。

「THE LAB」日本語版DVDを「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」の対象となる研究機関などを対象に5月中をめどに配布する予定です。

また、研究機関などの研究倫理教育担当者などを対象に6月中をめどに説明会を予定しています。詳細はホームページ(http://www.jst.go.jp/researchintegrity/index.html)でご案内します。

この教材により、各研究機関での研究倫理教育の充実が図られ、研究不正防止の一助となることを期待しています。

<添付資料>

別紙:研究倫理映像教材「THE LAB」日本語版の概要

<お問い合わせ先>

科学技術振興機構 総務部 研究公正室
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
Tel:03-5214-8390 Fax:03-5214-8393
E-mail: