JSTトッププレス一覧科学技術振興機構報 第1075号 > 参考
参考

国際科学技術共同研究推進事業
「日本−フランス共同研究」平成26年度採択に関して

1.趣旨・目的

本事業は、省庁間の調整に基づき、文部科学省が特に重要なものとして設定したフランスとの協力分野(「分子技術」)において共同研究を実施することにより、当該分野における日本とフランスの協力を強化し、世界的な研究成果や革新的な技術を創出し、国際共通的課題の解決や、両国の科学技術力の強化に資する成果を得ることを目的としています。

2.募集領域

「分子技術」に関する共同研究の課題とします。

3.応募資格

日本国内の大学や研究機関、企業などで研究に従事している研究者であることが必要です。日本とフランスにおいて進行中の研究が強化され、さらに付加的な価値が創出される共同研究を対象とします。

4.支援期間(研究期間)

原則3年

5.支援規模

1課題あたり、総額3千万円/3年間を上限とします(間接経費を含む)。

6.選考方法

日本側は研究主幹およびアドバイザー、フランス側は外部専門家から構成される日仏合同評価委員会が共同で評価・協議を行い、採択課題を決定しました。

7.審査にあたっての評価基準

以下の基準を適用しました。

  1. (1) 本事業の目的および設定研究領域との適合性、適切な共同研究実施体制であること
  2. (2) 当該共同研究計画の科学的水準および新規性
  3. (3) 当該共同研究計画の方法論、実現可能性と妥当性
  4. (4) 日仏共同研究から期待される相乗的な効果および日仏両国におけるバランスの取れた協力
  5. (5) 日仏の研究グループの競争力、専門性および日仏共同研究チームが相互補完により必要とされる専門的知見を備えていること
  6. (6) 必要経費の妥当性
  7. (7) 科学的、技術的、経済的、社会的な世界規模でのインパクト