JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第1016号
科学技術振興機構報 第1016号

平成26年3月28日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)

戦略的創造研究推進事業(ACCEL)における
平成25年度第3期新規課題の決定について

JST(理事長 中村 道治)は、今年度より開始したプログラム「ACCEL」において第3期の新規課題として2課題を決定しました。

本プログラムは、戦略的創造研究推進事業などで創出された世界をリードする顕著な研究成果について、プログラムマネージャー(PM)によるイノベーション指向の研究マネジメントにより、技術的成立性の証明・提示(Proof of Concept:POC)、および適切な権利化まで推進するものです。

ACCELでは、研究開発課題ごとにJSTが配置するPMが研究代表者と協力して、研究成果を最大限に生かした社会的・経済的価値創造に向けてのビジョン、具体的用途とPOCを設定し、研究開発課題の提案からマネジメントまでを行います。

今回、決定した課題とPMは次の通りです。

【研究開発課題1】

課題名: 「縦型BC−MOSFETによる三次元集積工学と応用展開」
研究代表者: 遠藤 哲郎(東北大学 国際集積エレクトロニクス研究開発センター センター長)
プログラムマネージャー: 柴田 直
・研究期間: 5年間(平成31年3月終了予定)
・研究予算: 総額25億円(予定)

【研究開発課題2】

課題名: 「自己組織化技術に立脚した革新的分子構造解析」
研究代表者: 藤田 誠(東京大学 大学院工学系研究科 教授)
プログラムマネージャー: 隅田 敏雄
・研究期間: 5年間(平成31年3月終了予定)
・研究予算: 総額15億円(予定)

ACCELについては下記ホームページを参照してください。

URL:http://www.jst.go.jp/kisoken/accel/index.html

<添付資料>

別紙1:戦略的創造研究推進事業・ACCEL課題 概要
別紙2:事前評価者リスト

<お問い合わせ先>

科学技術振興機構 戦略研究推進部
〒102-0076 東京都千代田区五番町7 K’s五番町
原口 亮治(ハラグチ リョウジ)、井上 聡子(イノウエ アキコ)、笹月 俊郎(ササツキ トシロウ)
Tel:03-6380-9130 Fax:03-3222-2063
E-mail: