JSTトッププレス一覧 > 科学技術振興機構報 第1005号
科学技術振興機構報 第1005号

平成26年1月17日

東京都千代田区四番町5番地3
科学技術振興機構(JST)
Tel:03-5214-8404(広報課)
URL http://www.jst.go.jp

『FIRST EXPO 2014』および
『FIRSTサイエンスフォーラム』の開催について

JST(理事長 中村 道治)は、FIRSTプログラム公開活動実行委員会の一員として、平成26年2月28日および3月1日に、FIRSTプログラム30研究課題の成果を一般公開する複合イベント『FIRST EXPO 2014』を共催するとともに、高校生などの若者と世界トップクラスの研究者が語り合うフォーラム『FIRSTサイエンスフォーラム 〜FIRSTを自分たちのものに!〜』を開催します。

FIRST EXPO 2014では、内閣府 総合科学技術会議が推進する最先端研究開発支援プログラム(FIRSTプログラム:Funding Program for World−Leading Innovative R&D on Science and Technology)が今年度で研究期間を終了するにあたり、研究開発を実施した30課題が一堂に会して、その成果をわかりやすく発信します。成果発表から特別セッション、ワークセッション、パネル展示など、多彩なイベントを2日間の会期で集中的に開催します。

その一環として、FIRSTサイエンスフォーラムでは、高校生や大学生などの若者に向け、3名の中心研究者より、世界をリードする研究の最前線の様子やそこに至るまでの道のりなどの体験を広く紹介します。さらに、フォーラム会場の若者らとの双方向のコミュニケーションを通じて、FIRSTプログラムの研究者たちの「思い」を若者たちに継承していくことを目指します。

詳しくは、下記ホームページをご覧ください。

ホームページURL:http://www.jst.go.jp/first(1月20日より受付を開始します)

FIRSTプログラム

基礎研究から実用化を見据えた研究開発まで、さまざまな分野や段階を対象にし、およそ5年間で世界のトップを目指す先端的な研究開発支援プログラムです。日本全国から応募のあった研究者の中からトップの30人を選び出し、1人の中心研究者に約15億円から60億円のプロジェクトを任せるという非常にユニークな制度として、平成21年度よりスタートし、平成25年度が最終年度となります。なお、FIRSTプログラムの各プロジェクトの概要は、上記ホームページで紹介しています(研究者自身が研究を紹介する動画もあります)。

<開催概要>

○FIRST EXPO 2014

日 程 平成26年2月28日(金)、3月1日(土)9時30分〜18時00分
場 所 ベルサール新宿グランド(東京都新宿区西新宿8−17−3)
主 催 FIRSTプログラム公開活動実行委員会
(株式会社博報堂、独立行政法人 科学技術振興機構(JST)、 株式会社早稲田総研イニシアティブ、株式会社日経ビーピーコンサルティング)
後援(予定) 内閣府、文部科学省、独立行政法人 日本学術振興会
参加費 無料
参加方法 一部のイベントを除き、事前登録は不要。

○FIRSTサイエンスフォーラム(FIRST EXPO 2014内)

日 程 平成26年3月1日(土)13時00分〜17時00分
参加者 主に高校生や高専生、大学生を対象としますが、大人の方の参加も歓迎します。
定 員 500名程度
参加方法 ホームページより事前登録をしてください。
URL:http://www.jst.go.jp/first
※定員に達し次第、登録の受け付けを終了します。

フォーラム参加申込 受付期間:平成26年1月20日(月)〜2月21日(金)

<添付資料>

別紙1:『FIRST EXPO 2014』開催概要

別紙2:『FIRSTサイエンスフォーラム〜FIRSTを自分たちのものに!〜』開催概要

<お問い合わせ先>

科学技術振興機構 科学コミュニケーションセンター
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
小長井 敬介(コナガイ ケイスケ)、小泉 輝武(コイズミ テルタケ)
Tel:03-5214-7493 Fax:03-5214-8088
E-mail: