戦略的創造研究推進事業HOME評価CREST・さきがけの研究領域評価 > 戦略的創造研究推進事業における平成21年度研究領域評価結果について


戦略的創造研究推進事業における
平成21年度研究領域評価結果について

平成22年9月8日
科学技術振興機構
イノベーション推進本部
基礎研究制度評価タスクフォース

 「戦略的創造研究推進事業」における研究領域の評価を実施したので報告する。なお、この評価は「基礎研究に係る課題評価の方法等に関する達」(平成21年6月24日)に基づき実施したものである。

1.対象研究領域
中間評価
○チーム型研究(CREST)領域別評価
<研究実施期間:平成17年10月〜平成25年3月末まで(予定)>
先進的統合センシング技術
(研究総括:板生 清)
情報システムの超低消費電力化を目指した技術革新と統合化技術
(研究総括:南谷 崇)
マルチスケール・マルチフィジックス現象の統合シミュレーション
(研究総括:矢川 元基)
新機能創成に向けた光・光量子科学技術
(研究総括:伊澤 達夫)

事後評価
○研究領域総合評価
○チーム型研究(CREST)領域別評価
<研究実施期間:平成14年10月〜平成22年3月末まで>
糖鎖の生物機能の解明と利用技術
(研究総括:谷口 直之)
テーラーメイド医療を目指したゲノム情報活用基盤技術
(研究総括:笹月 健彦)
シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築
(研究総括:土居 範久)

○個人型研究(さきがけ)領域別評価
<研究実施期間:平成14年10月〜平成20年3月末まで>
シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築
(研究総括:土居 範久)
<研究実施期間:平成16年10月〜平成22年3月末まで>
構造機能と計測分析
(研究総括:寺部 茂)
2.評価対象領域及び評価委員

別紙1に記載のとおりである。

3.評価の進め方

別紙2に記載のとおりである。

4.主な評価項目・評価基準

・研究領域としての戦略目標の達成に向けた状況(中間)
・研究領域としての戦略目標の達成状況(事後)
・研究領域としての研究マネジメントの状況(中間・事後)

<参考資料>
別紙1 評価対象領域及び評価委員
別紙2 評価の進め方
参考 基礎研究に係る課題評価の方法等に関する達(抜粋)
資料 研究領域評価用資料
先進的統合センシング技術(PDF:943KB)
情報システムの超低消費電力化を目指した技術革新と統合化技術(PDF:299KB)
マルチスケール・マルチフィジックス現象の統合シミュレーション(PDF:258KB)
新機能創成に向けた光・光量子科学技術(PDF:445KB)
糖鎖の生物機能の解明と利用技術(PDF:438KB)
テーラーメイド医療を目指したゲノム情報活用基盤技術(PDF:474KB)
シミュレーション技術の革新と実用化基盤の構築(PDF:511KB)
構造機能と計測分析(PDF:343KB)
◎本件についてのお問い合せは、下記までご連絡ください。

イノベーション推進本部 基礎研究制度評価タスクフォース
佐々、篠原(電話 03−3512−3523)