JSTトッププレス一覧 > 共同発表

平成29年7月6日

科学技術振興機構(JST)
内閣府

「SIP防災シンポジウム2017」の開催について

Society 5.0を目指して、今、防災は新たなステージへ
~科学技術と現場の力が結集~

内閣府とJST(理事長 濵口 道成)は、7月27日(木)、防災をテーマに研究開発者と地方公共団体・企業等の防災担当者らが意見交換を行う「SIP防災シンポジウム2017」を開催いたします。

SIPとは、内閣府総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)が2014年より推し進める「戦略的イノベーション創造プログラム」の略称で、国民にとって真に重要な課題の解決を科学技術イノベーションによって実現する国家プロジェクトです。

全11課題の1つ、「レジリエントな防災・減災機能の強化」は今まさに、研究開発成果の社会実装へ向け、次のステージへと踏み出す段階を迎えており、研究から災害現場までの関係者が集う初めてのシンポジウムとなります。

そこで本シンポジウムでは、SIP「レジリエントな防災・減災機能の強化」の研究開発を進める研究者と、“現場”で防災を推進する地方公共団体や企業の担当者との対話を軸に、講演やパネルディスカッション、ポスターセッションなどを行います。

これから日本が目指す超スマート社会「Society 5.0」を支える防災とは何か。これからの防災に必要なものは何か――来場者の皆様からのご意見も伺いながら、災害大国・日本にとって欠くことのできない課題、防災について共に考えます。

SIP防災シンポジウム2017

Society 5.0を目指して、今、防災は新たなステージへ~科学技術と現場の力が結集~

主 催 内閣府、科学技術振興機構
日 時 平成29年7月27日(木) 12:00~17:30
会 場 フクラシア東京ステーション 5階
主なプログラム 12:00~ ポスターセッション
13:30~ 講演
16:40~ パネルディスカッション
詳細は別紙および以下のイベントサイトを参照
http://www.jst.go.jp/sip/event/k08/20170727/index.html
定 員 250名
参加費 シンポジウム参加費無料
申込方法 要事前登録(下記イベントサイトより申込。定員になり次第締め切り)
http://www.jst.go.jp/sip/event/k08/20170727/registration.html
7月27日(木)当日、シンポジウムのLive配信を予定しています。
動画配信URL https://www.youtube.com/channel/UC2i9_aABw3gLeFAqTR-Tw9A

<添付資料>

別紙:SIP防災シンポジウム2017プログラム

<お問い合わせ先>

・本シンポジウムに関する問合せ

科学技術振興機構 社会技術研究開発センター SIP防災担当
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
担当:高橋 邦明(タカハシ クニアキ)、石田 美穂(イシダ ミホ)
Tel:03-5214-0134
E-mail:

・戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)に関する問合せ

内閣府 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付

参事官(安全社会グループ)付
〒100-8914 東京都千代田区永田町1丁目6番1号
担当:小林 誠(コバヤシ マコト)、松井 伸司(マツイ シンジ)
Tel:03-6257-1336(直通)
SIPホームページ:http://www8.cao.go.jp/cstp/gaiyo/sip/index.html