JSTトッププレス一覧 > 共同発表

平成23年12月12日

科学技術振興機構 (JST)
Tel:03-5214-8404 (広報ポータル部)

医薬基盤研究所(NIBIO)
Tel:072-641-9832 (戦略企画部)

農業生物資源研究所(NIAS)
Tel:029-838-8469 (広報室)

産業技術総合研究所(AIST)
Tel:029-862-6216 (広報部)

4省の生命科学系データベース合同ポータルサイトintegbio.jpを開設
〜オールジャパン体制へ〜

科学技術振興機構(JST)、医薬基盤研究所(NIBIO)、農業生物資源研究所(NIAS)、産業技術総合研究所(AIST)は、内閣府総合科学技術会議の議論を受けて平成23年12月12日(月)に文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省が取り組む生命科学系データベースの統合化の方針や成果を紹介する合同ポータルサイト「integbio.jp」(インテグバイオ)を共同で開設しました。

生命科学におけるデータベースは、例えばiPS細胞作製の成功には遺伝子データベースの情報が不可欠であったように、研究のインフラとして世界中で活発に開発、利用されています。その結果、現在では多数のデータベースが乱立しており、それを使いやすくするための統合化が重要な課題となっています。日本でも、生命科学に関係した各省で統合化に向けた取り組みが平成18年頃から始まりました。当初は各省で独自に進めていたデータベースの統合化をオールジャパンの体制で進めるために、内閣府の主導のもと各省の協力体制を構築して、平成23年度からは4つのステップ(カタログ、横断検索、アーカイブ、再構築)に沿って進めています。

最初のステップ「カタログ」は、データベース単位のリンク集です。しかしリンクだけでは、ユーザーはデータベースごとに検索しなければなりません。「横断検索」は、複数のデータベースの中身を一括してキーワード検索するものです。これにより、ユーザーは1つの窓口から入ってデータベースを検索できるようになります。「アーカイブ」は、データベースのフォーマットの統一と権利関係の整理などにより、データベースのダウンロードと再利用を可能にするものです。「再構築」は、複数のデータベースが有機的に組み合わされることによって、「横断検索」よりもさらに高度な検索、例えば「ヒトのあるタンパク質に結合する低分子を花粉に含む植物」のような検索をユーザーが行えるものです。この「再構築」では、情報技術や計算機資源、データを整理する手間などの問題に加えて、データベースを改変する権限の有無も問題となるため、これらを1つずつ解決していく必要があります。

合同ポータルサイトでは、4省が協調・連携して取り組んでいる「カタログ」、「横断検索」、「アーカイブ」の方針と成果についてまとめています。また、データベースの統合化に関するシンポジウムや講習会、展示会の情報を発信して、この取り組みに対する研究コミュニティーの関心や理解が深まるよう努めていきます。これにより、今まで4省で独自に進められてきたデータベースへの取り組みが1つにまとまり促進されると期待されます。

ポータルサイトURL:http://integbio.jp/

<添付資料>

別紙:4省の生命科学系データベース合同ポータルサイトintegbio.jpの概要

<お問い合わせ先>

<合同ポータルサイトに関すること>

科学技術振興機構 イノベーション推進本部 バイオサイエンスデータベースセンター
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
畠中 秀樹(ハタナカ ヒデキ)
Tel:03-5214-8491 Fax:03-5214-8470
E-mail:

<その他に関すること>

科学技術振興機構 イノベーション推進本部 バイオサイエンスデータベースセンター
〒102-8666 東京都千代田区四番町5番地3
祖 歩美(コウソ アユミ)、濱岡 しのぶ(ハマオカ シノブ)
Tel:03-5214-8491 Fax:03-5214-8470
E-mail: