お知らせ
平成15年4月8日
埼玉県川口市本町4-1-8
科学技術振興事業団
電話(048)226-5606(総務部広報室)
URL http://www.jst.go.jp/

『三番瀬の未来を考えるシナリオ・ワークショップ』の
開催予定・参加市民公募についてのお知らせ

 科学技術振興事業団(理事長 沖村憲樹)の戦略的創造研究推進事業の一部として実施している社会技術研究公募型プログラムの研究テーマ「開かれた科学技術政策形成支援システムの開発」(研究代表者:若松征男 東京電機大学理工学部一般教養系列 教授)で進めている研究の一環として、「三番瀬の未来を考えるシナリオ・ワークショップ」を開催することとなり、その参加市民を公募することとなった。このワークショップは、三番瀬円卓会議、及び千葉県庁の後援のもと、下記の通り開催する。

なお、シナリオ・ワークショップとは、デンマークのテクノロジー・アセスメント機関DBT(Danish Board of Technology)が1991年から92年にかけて生みだした手法の一つで、多様な人々の意見を政策作りに反映する手法である。今回、デンマーク生まれの手法の基本的考え方を守った上で、課題状況や国の違いに適応するように再設計したものである。
シナリオ・ワークショップの名のとおり、対象とする課題の未来像を示す複数の「シナリオ」をたたき台として、3〜40人の社会セクターの多様な立場の人々(市民、専門家、産業界、議会・行政など)の参加のもと、参加者の共有できるビジョン作りと、そのビジョンに向けた行動計画作りをする数日間のプログラムである。

日  時 : 2003年5月17日(土)・18日(日)、5月31日(土)
それぞれ、10:00〜17:00
会  場 : 千葉工業大学 津田沼キャンパス7号館(講義棟)
応募条件等: 千葉県在住の18歳以上の方(6名×2グループ=12名を募集)。
三番瀬の未来に関心のある方で真摯に参加いただける方。
3日間の全日程に参加可能な方。
ボランティア参加していただける方(交通費実費支給)。
応募締切 : 4月25日(金)
応募方法 : 郵送(当日消印有効)、FAX、e-mailのいずれかでお申し込み下さい。
<<応募申込書(PDF形式)>>

 「社会技術研究」は、分野を超えた幅広い視点に立ち、社会の様々なセクター(市民、企業等)が現実の社会問題を解決するために活用できる技術として、技術的根拠・知識体系を構築することを目的として、平成13年度から進めている。「社会技術研究フォーラム」、「ミッション・プログラム」「公募型プログラム」の3つのプログラムから構成されている(社会技術研究の詳細については http://www.ristex.jp 参照)。

この研究テーマが含まれる研究領域、研究期間は以下の通りである。
研究領域:社会システム/社会技術論(研究総括:村上陽一郎 国際基督教大学大学院教授)
研究期間:平成13年度〜平成16年度

「三番瀬の未来を考えるシナリオ・ワークショップ」開催予定・参加市民公募についてのお知らせ
市民参加者公募のお知らせ(募集要項・申込書)
欧州におけるシナリオ・ワークショップについて(調査報告書からの抜粋)

**************************************
本件問い合わせ先
若松征男(わかまつゆきお)
東京電機大学理工学部一般教養系列 教授
〒350-0394 埼玉県比企郡鳩山町石坂
TEL.0492-96-2911 FAX.0492-96-0501

岩崎健一(いわさきけんいち)
科学技術振興事業団 社会技術研究システム推進室長
〒105-6218 東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー18F
TEL: 03-5404-2800 FAX: 03-6402-7578
**************************************


This page updated on April 8, 2003

Copyright©2003 Japan Science and Technology Corporation.