平成14年2月18日

世界初・最高速のギガビットネットワーク環境を複数施設内に設置

〜高速大容量プラスチック光ファイバー(GI-POF)を用いた実証実験〜

(社)日本テレワーク協会
慶應義塾大学
三菱商事株式会社    
旭硝子株式会社
株式会社パワードコム
三井不動産株式会社
科学技術振興事業団ERATO
小池フォトニクスポリマープロジェクト

 
[実験の概要と背景]
 社団法人日本テレワーク協会は、経済産業省から委託を受け、三菱商事(株)等と共同で、高速大容量プラスチック光ファイバー(GI-POF:用語説明@)参照を用いた実証実験を、本年3月より来年3月末まで実施します。マンションや小学校、大学内にGI-POFを敷設し、超高速ネットワークシステムを家庭内や教育施設内に導入すると、生活や教育における質的向上にどれだけ貢献できるかを検証します。

 ブロードバンド時代に突入し、高画質動画映像等の大容量の情報を、自由にオフィスや家庭にある端末で扱えるようになる時代がすぐそこまで来ています。
 今回の実証実験では、慶應義塾大学小池康博教授が発明し、旭硝子(株)が開発・製品化に成功したGI-POF「全フッ素光学樹脂光ファイバー」(用語説明A)を用います。これは柔軟性に富み接続が容易で、安全、しかもギガクラスの伝送速度(Gbps)が楽々確保できるものです(短距離であれば従来からある石英製の光ファイバーよりも速い)。
 本実験ではマンションや小学校の施設・敷地内にGI-POFによる「ギガビット・アイランド」(用語解説B)が創出され、さらにアイランド間を1Gbps回線(用語説明C)で結ぶことにより、他に類を見ない最高速のネットワーク環境を作り出します。これは世界でも初めての試みで、「真のブロードバンド時代(ギガビット時代)」を先取りした環境といえ、検証結果の活用が大いに期待されます。
 
[実験の体制]
 本実験は、日本テレワーク協会が主体となり実施しますが、三菱商事はコンテンツ関連も含めた実験実施のトータルコーディネートを、旭硝子は超高速光ファイバーネットワークの構築を分担し、科学技術振興事業団小池フォトニクスポリマープロジェクトが技術的支援を行います。また教育施設とマンションへの高速ネットワーク導入に関しては慶應義塾大学、慶應義塾幼稚舎および三井不動産が参画し、さらに外部回線(主として大学とマンション間)についてはパワードコムが担当して、それぞれ実験を通じた近未来像の検証作業を行います。
 
[実験のコンテンツ]
実証実験の主な内容は以下の通りです。
1. 集合住宅における施設内(アイランド内)超高速ネットワーク環境のもたらす効果の実証
(1) マンション(「パーク・ハイム自由が丘二丁目」)内における実証実験
{注} 同マンションには各住戸に1台ずつのパソコン(計40台)と1テラバイトのストレージ、プラズマディスプレイ等を設置
<リアルタイム・コミュニケーション系>
マンションの居住者同士のリアルタイム動画によるコミュニケーション効果
複数の居住者同士がまったくストレスのないリアルタイム動画を用いてコミュニケーションを実施。複数の子供部屋をつないだまま(常時放映)にして、それぞれの家にいながらにして子供同士が遊んだり、台所をつないで料理を教えあったりという活用が可能であるが、詳細は居住者のニーズを聞いて実施。
定点観測カメラによる利便性の検証(駐車場の監視等による防犯対策等)
<ストレージ活用系>
映像コンテンツ最新情報を自由自在に閲覧・活用
大容量ストレージに常に最新情報が蓄積されているのでストレスなく閲覧可能。ブロードバンドコンテンツ等を蓄積して自在に活用するといった使用法を検討。
映像による伝言機能活用
現在は文字だけでノンリアルタイムのコミュニケーションが行われているメーリングリストや掲示板の映像版を実験的に試行。
コミュニケーションとの複合利用
料理コンテンツ等の映像情報を複数家庭が活用しつつ、それをベースとしてリアルタイムコミュニケーションやノンリアルタイムコミュニケーションを実施して生涯教育の効果増大を狙う、等の実験を住民ニーズに合わせて実施。
(2) マンションと大学や他地点間を結んだ実験(外部回線は1Gbps回線)
大学内のコンテンツをマンションから動画で閲覧
映像コミュニケーションを用いた遠隔講座 等
(3) 上記以外の、公募した企業によるソフトウェアやサービスの実証実験
{注} 巻末「ビジネスインキュベーションの場として実験環境を提供」を参照
2. 学校教育における施設内(アイランド内)超高速ネットワーク環境のもたらす効果の実証
(1) 小学校(慶應義塾幼稚舎:金子郁容舎長)内における実証実験
{注} 幼稚舎には計50台のパソコンと1テラバイトのストレージ及びプラズマディスプレイ等を設置
動画お絵描きソフトのネットワーク利用
従来は単独のパソコンでしか使えなかったソフトウェアを超高速ネットワーク環境によって連結してコミュニケーション型で活用出来るようになるので、教育効果が高まり予想以上の効果を生む可能性あり。
複数学科や複数教室の様子を放映し学科や授業の融合を図る実験教室
教員同士が事前打合せをして複数教室の様子を相互に放映しあい、途中で他の教室の生徒から質問が割り込んできたりといった教室・学科の融合も想定。
(2) 慶應義塾幼稚舎と大学や近隣教育施設間(西町インターナショナルスクール)を接続した実験
大学内のコンテンツを幼稚舎から動画で閲覧
幼稚舎におけるネットワークを介した大学の教員による授業
リアルタイムコミュニケーションによる国際文化交流の進展 等
 
[実験方法と効果]
 今回の実証実験は、参加者へのヒヤリングやアンケート調査により定期的に結果を把握するとともに、ハード面での検証も併せて行い、ソフト、ハード両面の課題と効果を把握します。これにより、今後の超高速ネットワークシステムの改良への多大な貢献が期待できるだけでなく、適宜実験の結果・経過を公開して行くことで、超高速ネットワークシステムの普及促進を図ることが期待されます。
 なお今後のオフィス・家庭内ネットワークの普及啓蒙のために、平成14年度の実証試験期間内に公開イベントの開催を計画します。
 
[ビジネスインキュベーションの場として実験環境を提供(公募型コンテンツの採用と実証)]
 マンション内のギガビットイーサ環境(用語説明D)は、世界でも初めてとなる居住施設内(アイランド内)の超高速LAN環境で、また大容量ストレージも用意されます。これは実際に生活場面に入るインフラとしては他に類を見ないものですが、今回の実証実験では、マンションLAN及びマンションと大学間の1Gbps回線を広く提供し、雇用創出にもつながるニュービジネスを育てる場(ビジネスインキュベーションの場)として活用して頂けるように考えました。
 別紙公募要項にそって一定の要件を充たす事業者等(ベンチャー企業等)を選定、当該マンション購入者の了解を得た上で開発済みのソフトウェアや計画中のサービス等を本実験環境上で実証し、事業者等にとって将来のビジネス展開につながるデータが得られる場とします。
 以上

参考資料

本件問合わせ先
社団法人日本テレワーク協会  主席研究員 柴田 明 TEL:03-3221-7260
科学技術振興事業団EARTO  小池フォトニクスポリマープロジェクト 大津 信弘 TEL:044-580-1563
三菱商事株式会社 広報部報道室 小林 建司 TEL:03-3210-2104
旭硝子株式会社 広報室 二瀬 明彦 TEL:03-3218-5915
株式会社パワードコム 経営企画部(広報) 高乗 亮之介 TEL:03-4431-6443
三井不動産株式会社 広報部広報課主査 神谷 正樹 TEL:03-3246-3155
 

This page updated on February 18, 2002

Copyright©2002 Japan Science and Technology Corporation.