通信衛星を利用した日本科学未来館の遠隔学習の実施について


平成14年1月16日
メディア教育開発センター
宇宙開発事業団
科学技術振興事業団
 

 文部科学省メディア教育開発センター(NIME)と宇宙開発事業団(NASDA)は、共同実験として、科学技術振興事業団 日本科学未来館と、宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校を通信衛星で結んだ遠隔学習の実験を、1月30日(水)に実施します。
 本実験は通信衛星の広域性や、NIMEが取り組んでいる高臨場感技術等を活かし、屋外の学習環境(遺跡や博物館等)と教室を連携させる「フィールド教育」の実現を目指したもので、NASDAが推進中のi-Spaceパイロット実験の一環として実施するものです。
 今回は、五ヶ瀬中等教育学校の教室側から日本科学未来館を見学体験する内容で、本パイロット実験の実施結果はNIMEのスペース・コラボレーション・システム(SCS)の高度化、並びにNASDAが研究開発を進めている通信・放送分野の技術試験衛星等の利用技術開発に活かす予定です。

実施概要
(1) 日   時: 平成14年1月30日(水)  13:35〜15:25(予定)
(2) 実施場所: 日本科学未来館 (東京都江東区青海)
宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校(宮崎県西臼杵郡五ヶ瀬町)
(3) 実験概要: 別紙1
 
i-Space利用実験計画概要 http://yyy.tksc.nasda.go.jp/sat/ispace/)
スペース・コラボレーション・システム(SCS) http://www.nime.ac.jp/SCS/index_j.html)
日本科学未来館 http://www.miraikan.jst.go.jp/index2.html)
宮崎県立五ヶ瀬中等教育学校 http://www.miyazaki-c.ed.jp/gokase-h/
 
問い合わせ先:
    メディア教育開発センター 普及振興係 
        TEL:043-298-3016

    宇宙開発事業団
        広報室
        TEL:03-3438-6107〜9

    科学技術振興事業団
        総務部広報室
        TEL:048-226-5606
 

This page updated on January 18, 2002

Copyright©2002 Japan Science and Technology Corporation.