(お知らせ)


平成13年7月19日
埼玉県川口市本町4−1−8
科学技術振興事業団
電話048-226-5606(総務部広報室)

研究情報データベース化支援事業における
データベース化終了課題の事後評価について

 科学技術振興事業団(理事長 沖村 憲樹)では、「研究情報データベース化支援事業」において採択されたデータベース化課題について事後評価を行なった。これは、課題毎にデータベース開発の実施状況、得られた成果等を明らかにし、データベース開発及び運用の今後の展開及び事業運営の改善に資することを目的として、「研究情報データベース化支援事業の課題評価の方法等に関する達」(平成11年8月)に基づき実施されたものである。

1.対象課題(開発期間 平成8年10月−平成11年9月)

 今回の事後評価は、3年間の開発期間を終了し、データベースの運用開始後1年が経過した平成8年度採択の4課題を対象として行われたものである。

(1) 鉄鋼材料熱履歴データベース
 研究機関名:物質・材料研究機構(旧金属材料技術研究所)
 開発責任者:藤田 充苗
 運用責任者:衣川 純一
 U R L:http://inaba.nims.go.jp/Weld/
(2) 健康・栄養情報基盤データベース
 研究機関名:国立健康・栄養研究所
 開発責任者:澤  宏紀
 運用責任者:松村 康弘
 U R L:http://nihn-jst.nih.go.jp
(3) 生理活性脂質データベース
 研究機関名:国立国際医療センター研究所
 開発責任者:大島美恵子
 運用責任者:湯尾  明
 U R L:http://lipid.bio.m.u-tokyo.ac.jp/
(4) エコシステムデータベース
 研究機関名:農業環境技術研究所
 開発責任者:原薗 芳信
 運用責任者: 同 上
 U R L:http://ecomdb.niaes5.affrc.go.jp

2.実施時期

 平成12年12月7日

3.評価方法

 評価方法について定めた「研究情報データベース化支援事業の課題評価の方法等に関する達」にしたがって、事業団が選任した外部専門家によって組織される支援データベース選定委員会の委員が、開発(運用)責任者の自己評価及びプレゼンテーションなどをもとに評価を行った。

4.評価委員

委員長 
坂田 俊文 (社)資源協会 地球科学技術推進機構長
委 員 
安部 明廣 東京工芸大学工業化学科 教授
岩田 修一 東京大学 人工物工学研究センター 設計科学部門 教授
津谷喜一郎 東京医科歯科大学難治疾患研究所情報医学研究部門 助教授
戸村 健司 (社)日本化学会 常務理事・事務局長
根岸 正光 国立情報学研究所 教授・学術研究情報研究系研究主幹
細矢 治夫 お茶の水女子大学理学部情報科学科 教授
水島 洋 国立がんセンター研究所がん情報研究部 がん診療支援情報研究室長
村松 正實 埼玉医科大学将来計画研究部門 特任教授
横田 正幸 明治製菓(株) 理事・医薬情報センター市販後調査部長

5.評価項目

(1) 当初計画の達成度
(2) データベース自体の評価
(3) データベース化終了後の公開運用体制及び運用状況
(4) 運用の今後の展開
(5) その他
(6) 総合評価


本件についてのお問い合わせ先;
科学技術振興事業団 データベース開発部 研究情報データベース化部門 岡野
      TEL.03-5214-8497 FAX.03-5214-8470

This page updated on July 19, 2001

Copyright(C) 2001 Japan Science and Technology Corporation.

www-pr@jst.go.jp