研究領域「環境低負荷型の社会システム」
中間評価(課題評価)結果


1.研究領域の概要

 逼迫した環境問題に対して、地球との共生と持続的な発展をめざしたクリーンな社会 システムの実現に関する研究を対象とする。具体的には、資源のリサイクル、有効利用を概念とするLCA(ライフサイクルアセスメント)評価の高い生産システム、低エネルギー・資源消費、効率的なエネルギー・資源の利用を基盤とする環境低負荷型の社会/生活/都市/住宅実現のための実証的・システム的研究を中心に、環境汚染の計測/評価/制御のための革新的な技術開発なども対象とする。

2.中間評価の概要
2−1.評価の目的

 研究課題毎に、研究の進捗状況や研究成果を把握し、これを基に適切な予算配分、研究計画の見直しを行う等により、研究運営の改善及び事業団の支援体制の改善に資すること。

2−2.評価対象研究代表者及び研究課題

(1) 秋元 肇(東京大学 先端科学技術研究センター 教授)
東アジアにおける酸性物質及びオゾンの生成と沈着に関する観測と環境影響評価
(2) 柏木孝夫(東京農工大学工学部 教授)
自立都市をめざした都市代謝システムの開発
(3) 久保幸夫(慶応義塾大学環境情報学部 教授)
都市ヒートアイランドの計測制御システム
(4) 小林和彦(農業環境技術研究所 室長)
CO2倍増時の生態系のFACE実験とモデリング
(5) 佐久川 弘(広島大学総合科学部 助教授)
森林衰退に係わる大気汚染物質の計測、動態、制御
(6) 土肥義治(理化学研究所 主任研究員)
環境低負荷型の高分子物質生産システムの開発
(7) 中西準子(横浜国立大学環境科学研究センター 教授)
環境影響と効用の比較評価に基づいた化学物質の管理原則
(8) 前川孝昭(筑波大学農林工学系 教授)
微生物機能強化による水環境修復技術の確立

2−3.実施時期

  平成11年2月15日〜2月16日

2−4.評価方法

  研究課題毎に、評価者が研究者との面談により実施。

2−5.評価項目及び基準

 (イ)研究の進捗状況と今後の見込み

 (ロ)研究成果の現状と今後の見込み

2−6.評価者

研究統括
  茅 陽一  慶應義塾大学 教授
領域アドバイザー
  明畠 高司  山口東京理科大学 学長
  石井 吉徳  富山国際学園 顧問
  内嶋善兵衛  宮崎公立大学 学長
  上之園 博  (財)電力中央研究所 専務理事
  合志 陽一  国立環境研究所 副所長
  松尾 友矩  東京大学工学部 教授

This page updated on Feburary 3, 2000

Copyright©2000 Japan Science and Technology Corporation.

www-pr@jst.go.jp