研究領域「量子効果等の物理現象」
中間評価(課題評価)結果


1.研究領域の概要

 この研究領域は、原子レベルで制御された極微細構造に特異的に現れる、量子効果などの物理現象についての研究を対象とするものである。
 具体的には、半導体、金属などに形成される人工ナノ構造、自己組織性分子、などに現れる電子と光子が量子性を示す現象、スピン自由度に関連する新奇な現象、極微細領域に現れる量子効果以外の先端的研究などを対象とする。将来的には、量子効果を応用した新しいデバイスへの発展が期待される。

2.中間評価の概要
2−1.評価の目的

 研究課題毎に、研究の進捗状況や研究成果を把握し、これを基に適切な予算配分、研究計画の見直しを行う等により、研究運営の改善及び事業団の支援体制の改善に資すること。

2−2.評価対象研究代表者及び研究課題

(1) 青野正和 (大阪大学 大学院工学研究科 教授、理化学研究所 主任研究員)
人工ナノ構造の機能探索
(2) 潮田資勝 (東北大学電気通信研究所 教授)
STM発光分光法と近接場分光法による表面極微細構造の電子物性の解明
(3) 雀部博之 (千歳科学技術大学 教授)
超構造分子の創製と有機量子デバイスへの応用
(4) 清水 明 (東京大学大学院総合文化研究科 助教授)
量子場操作
(5) 筒井哲夫 (九州大学大学院総合理工学研究科 教授)
自己組織性分子を用いた新規発光機能材料の設計
(6) 寺崎 治 (東北大学大学院理学研究科 助教授)
配列したミクロ空間での新物質系の創製と物性
(7) 廣瀬全孝 (広島大学工学部 教授)
3次元集積量子構造の形成と知能情報処理への応用
(8) 武笠幸一 (北海道大学大学院工学研究科 教授)
スピン計測 −スピンSPMの開発とスピン制御−

2−3.実施時期

  平成11年4月20日〜4月21日

2−4.評価方法

  研究課題毎に、評価者が研究者代表者及び研究者と面談して実施した。および、研究現場の調査など、研究統括としての日頃の研究内容調査を参考とした。

2−5.評価項目及び基準

 (イ)研究の進捗状況と今後の見込み

 (ロ)研究成果の現状と今後の見込み

2−6.評価者

研究統括
  川路 紳治  学習院大学 理学部長 理学部 教授
領域アドバイザー
   川畑 有郷  学習院大学 理学部 教授
  小林 俊一  理化学研究所 理事長
  寺倉 清之  工業技術院 産業技術融合研究所 首席研究官
  花村 榮一  アリゾナ大学 光科学センター教授
  渡辺 久恒  日本電気株式会社 中央研究所
 研究開発グループ支配人

This page updated on Feburary 3, 2000

Copyright©2000 Japan Science and Technology Corporation.

www-pr@jst.go.jp