“ソフトな財=経験”による若手人材育成“ソフトな財=経験”による若手人材育成

新潟大学○提案機関 :新潟大学

概要

 機動性と即効性を最優先し、産学地域連携推進機構の固有資源を融合し、大学院研究科と協働で人材養成を推進している。コーディネーター等が企業との間に立ち、事前に研修内容について十分な調整を図ることで、完全な契約締結を可能としており、博士人材は遠慮も気兼ねも無い環境で“ソフトな財”(国際感覚、問題解決能力、知財戦略と管理能力等)を学んでいる。但し、包括提携の様な“血の通った”関係を重視し、同時に企業ペースに合わせて進捗状況を常に検討・議論する厳しさも考慮した。これにより、例えば、インターンシップ終了後、研修テーマを共同研究に発展・継承する等、博士人財と大学研究シーズをパッケージ化した永続的な協力関係を可能としている。

関連資料

   実施プロジェクトに関する実施計画、中間・事後評価等の資料は、「科学技術振興調整費」等 データベース で公開しています。
   科学技術振興調整費等データベース
文部科学省 科学技術振興機構