企業等の皆様方へ

HOME >> 企業等の皆様方へ
 今日、複雑でグローバル化した社会でビジネスを展開する企業等は、高い専門性を備え、かつ、リーダーとしての資質、国際的な視野を持ち的確な判断を下せる多様な能力を備えた人材を必要としています。
 大学や独立行政法人研究機関で研究に従事しているポストドクターや博士課程(後期)学生*は、産業界等の実社会で活躍できる能力を持っており、企業においても多大な貢献ができる可能性を秘めています。
 しかしながら、彼ら博士人材の採用に躊躇する企業も多いことも事実です。これまで博士人材を採用した経験の無い企業等では、博士人材の能力や資質とは何か、我が社で活躍してくれるのだろうか、といった疑問があると思います。
 文部科学省が支援する科学技術人材育成費補助事業「ポストドクター・キャリア開発事業」は、大学や独立行政法人研究機関が企業等と協働して博士人材の育成とそのキャリアパスを支援することが目的です。本事業の取組は、専門の枠を超えた基礎知識、産業界で活躍するために、例えば、課題設定・解決,コミュニケーション,リーダーシップ,知的財産権,経営や交渉能力などに関する講義や実習を受け、その後に、企業等での3ヶ月以上の長期インターンシップを行います。企業にとっては、博士人材の専門能力やその他の展開力を見極める良い機会となっています。 
本事業について企業等の皆様のご理解を賜り、大学や独立行政法人研究機関における博士人材の育成へのご支援、ご協力をお願いいたします。

本事業の長期インターンシップの特徴は以下のとおりです。

機関によって取組内容の詳細が異なりますので、直接お問い合わせ下さい。

*ポストドクターは約1万5千人、博士課程(後期)修了者は毎年約1万6千人います。ポストドクターと博士課程(後期)学生のうち、次の進路として大学や独立行政法人における研究分野で就職する者は約15%となっております

文部科学省 科学技術振興機構