高温超電導線材接合技術 公募

※募集を締め切りました。

大規模プロジェクト型「高温超電導線材接合技術の超高磁場NMRと鉄道き電線への社会実装」における『高温超電導線材をつなぐ実用的新規接合方法の開発』研究開発提案募集のご案内

未来社会創造事業大規模プロジェクト型「高温超電導線材接合技術の超高磁場NMRと鉄道き電線への社会実装」では、高温超電導線材を超電導接合または極低抵抗接合する技術を確立し、世界最高磁場NMRマグネットと、鉄道用超電導き電ケーブルに実装して実用性と有効性を検証することを目指しています。本プロジェクトで実施する高温超電導線材の新規接合方法について公募します。

1.公募する研究開発内容
「高温超電導線材をつなぐ実用的新規接合方法の開発」
長尺線材で市販されているBi2223とREBCOに関わる接合技術開発を対象とし、具体的にはBi2223線材間、REBCO線材間、Bi2223-REBCO線材間およびこれらとNbTi線材の接合が開発対象になります。実用的な接合技術とは、接合特性に優れるだけでなく、超電導機器、設備の製作現場で作業が可能で比較的短時間で接合が形成できる方法であることを意味します。このほか、接合設計に生かせる接合部の物性評価やその解析および接合設計の方法など学理面の新しい提案も公募対象とします。

2.予定する研究費
200万円~250万円/年※
※直接経費のみ。間接経費は原則30%を別途措置します。

3.予定する研究期間
平成30年4月1日~平成33年3月31日
ただし、毎年研究進捗を確認し、翌年度に契約を延長するかを検討します。

4.応募〆切
平成30年2月16日(金)正午 ※厳守
〆切後、3営業日以内に、提案書受領についてメールで提案者にお知らせします。

詳細は募集要項をご確認ください。

【重要】
■研究倫理教育に関するプログラムの受講・修了について JSTでは、競争的資金による公募型事業につきまして、「申請する研究者等は研究倫理教育の講習を修了していること」を申請条件としていますので、ご注意ください。応募時までに研究倫理教育に関するプログラムを修了していることが必須です。詳細はこちらでご確認ください。

募集要項・様式等のダウンロード
募集要項 募集要項 ダウンロード(PDF:3.63MB)
提案書様式 提案書様式(大規模プロジェクト型) ダウンロード(DOCX:49.1KB)



応募フォームはこちら

お問合せ先

お問合せは電子メールでお願いします。

国立研究開発法人科学技術振興機構
研究開発改革推進部
Tel: 03-6272-4004 FAX: 03-6268-9412
E-mail: kaikaku_mirai[at]jst.go.jp ※[at]を"@"に置き換えてください。

クイックアクセス


事業に関するご意見・ご要望

関連事業へのリンク