テーマ提案募集の分析結果について

テーマ提案募集の分析結果について

・2017年1月30日~3月6日に実施した平成29年度分のテーマ提案募集結果を掲載いたします。

・テーマ提案募集を経て設定された重点公募テーマについては、領域とテーマのページをご覧ください。

1.提案されたテーマ名、概要の一覧

提案者が公開に同意した提案書(全613件)のテーマ名、概要を掲載します。

提案されたテーマ名、概要の一覧pdf3.74MB)

2.提案数の推移

全領域で1062件の提案があり、3月以降に多くの提案がありました。
下図は提案数の累計を示したものです。

提案数の累計

領域毎の提案の累計推移を、対数標記で示したものです。

提案の累計推移

3.各領域の提案数

各領域とも多くの提案がありました。
複数の領域をまたいだ提案があるため、提案件数と合計が一致していません。

■領域

超スマート社会の実現 410
持続可能な社会の実現 684
世界一安全・安心社会の実現 496
地球規模課題である低炭素社会の実現 344
全件数 1,062

4.提案者の領域指定の状況

下図は、領域毎の提案状況と、複数の領域をまたいだ提案の状況を表しています。

提案者の領域指定の状況

5.提案数の時間帯

提案があった時間帯をグラフにしたものです。日中(9~17時)も夜間の時間帯にも提案いただきました。

提案数の時間帯

6.提案者の年代

40~50代の方々に6割強と多くの提案をいただきました。

■提案者の年代

10代以下 0
20代 21
30代 113
40代 298
50代 381
60代 163
70代以上 22
回答しない 64
全件数 1,062

提案者の年代

7.提案者の所属機関

提案数は全体で1062件ですが、複数機関の共同提案も多くいただきました。提案書の「提案主体情報」に記載の範囲で所属機関1152件を抽出して分析しました。

■提案者の所属機関

大学 725
企業 177
独法 149
NPO・自治体等 24
個人 23
社団 22
学会 18
財団 14
全件数 1,152

提案者の所属機関

8.提案者の地理的分布

全提案の提案団体あるいは所属機関の地理的分布を示したものです。
地図上の○の大きさが提案数の多さを表しています。

所属機関の地理的分布1
提案者の地理的分布2

9.提案者の所属毎に、年代分布をクロス集計したもの。色の幅(高さ)は割合を示し、グラフ中の数字は提案数を表しています。

クロス集計ー提案者の年代別所属

10.提案者の年代別に「どうやってテーマ提案募集を知ったか」をクロス集計したもの

クロス集計ー提案者の年代「どうやってテーマ提案募集を知ったか」

11.領域毎の傾向分析事例:各領域に提案された用語(名詞)の機械抽出

<用語抽出、分析方法>
領域毎に「テーマ提案」のテーマ名、価値等に含まれる用語をソフトウェアで機械的に抽出し、個々の用語がテーマ提案に含まれる数を「相関」順にリスト化したものです。 相関とは、領域毎に特徴的とみなされる数値で標準は1.0であり、数値が大きいほど領域という集合の中で抽出された用語間の関係性が他の領域とされた集合と比較して高いことを示します。たとえば、超スマート領域の「IoT」の相関は1.5であり、全体1,062件と比較し、超スマート領域(410件)との相関が特に高い用語ということになります。

領域毎に提案された用語(名詞)のリスト(相関降順、上位30)

領域ごとに提案された用語のリスト

クイックアクセス


事業に関するご意見・ご要望

関連事業へのリンク